wildernessmedicine_wildernessfirstaid

2018年3月24日 (土)

山岳遭難エマージェンシーBOOK. エマージェンシーキット

今回で3冊目になる『山岳遭難エマージェンシーBOOK』(枻出版)、3本の記事を書きました。
①達人たちのキット拝見
ファーストエイド、エマージェンシーキットの中味をお見せしますコーナー。日帰りハイキングを想定しました。
何を、どれだけ持っていくかは、行先、日数、季節、スタイル、そして登山者それぞれによって異なりますが、なぜそれをその量持っていくのか、考えて決めることが重要なんだと、あらためて思いました。

ファーストエイドキットを入れる赤いバッグ(ファーストエイドバッグ S)は、モンベルがこの春発売するもの。サンプルで使わせてもらいましたが、このようにトレイ型に開けるものは、処置の最中に道具をトレイの上に並べて置けるので、土などで汚れにくく便利でした。
少々大掛かりなので、ガイド登山を中心に使う予定です。
明日からの長期個人ツアースキーには、もっと簡易的なバッグに入れて、小型化+軽量化を図る予定。

ほかに、同業のホーボージュンさん、高橋庄太郎さん、森山伸也さんのキットが紹介されています。

54ac6fad7bce4af8bbb73b67ddb69472

B851f936b6e243499ada10ab60c2f371

 

2018年2月 2日 (金)

野外救急法×国内法

先日、早川修弁護士を迎えた勉強会「「WMA(ウィルダネス メディカル アソシエーツ)医療プロトコル」の法的な懸念についての見解」に参加してきた。
これまで、野外救急法と国内法の勉強会には早川弁護士ふくめ何度か参加していたが、今日は現段階での総仕上げとなるような内容だった。むろん、この先社会も変わるし、何がしかの判例が出てくるかもしれない。それに応じてコトは変化していくが、軸となるものは出来上がりつつある。

先般、ウィルダネス メディカル アソシエーツ ジャパンが早川弁護士の監修を受けて「「WMA医療プロトコル」についての法的な懸念についての見解」を発表したが、その裏付けとなった法的根拠、解釈の詳細、今後の展望などについて、話された。
また、法的見地からみても、医療的アドバイザーが野外救急法の団体にとって重要であることや、早川弁護士から、「今度はあなたたちです」と、我々に課せられたことなど、どれも貴重な話だった。
参加者はガイド、アウトドア愛好者、医療従事者、消防、警察、自衛隊、山岳救助隊、多国籍軍従軍者、メディアなど。北海道から屋久島まで、全国から30人が集まった。
今回は、MWAJ受講履歴のある方々が対象となったが、今後こういったトピックが、もっと広く話し合われ、検証されるようになっていくのだと思う。

2018年1月10日 (水)

トレイルランニングレースの救護体制についてスピーチ

先日、日本トレイルランナーズ協会主催の「トレイルランニングフォーラム2018」へ、午後だけ参加した。
会場で会う人会う人に、「どうしたの~?」「なんの取材~?」と言われたけれど、私自身に垣根はない、おなじフィールドを楽しむ者同士。
 
2本のシンポジウムの合間にあった、稲垣泰斗さん(救急救命医)によるショートスピーチ「トレイルランニングレースの救護体制について知っておきたいこと」が、とても印象的だった。
・そもそもトレイルランニングは安全ではない
・レースの救護体制は脆弱
・参加ランナーもレースの安全を確立する役を担っている
・傷病者発生の際には、最低限の正しい評価と情報伝達ができるようであってほしい
ことを、前提として話していた。
そして、レースを作る時点から「救護の視点」を組み込むことが重要であるとも。
 
ある意味、当然の内容にも感じるけれど、これまでの経験から痛感していることだと思うし、またレース現場でどのような体制を組んでいるか具体的な紹介もあり、興味深かった。
トレイルランナーや登山者が自分たちで山に行くときに使える手法もたくさんあった。
 
泰斗さんは、ウィルダネス メディカル アソシエーツ ジャパン(WMAJ)の医療アドバイザーを務めるなど、野外医療に詳しく、関心も強い方。改めてプロフィールを拝見したが、医療アドバイザー、救護班として関わったトレイルランニングのレースの数は、とても数えきれなかった。
 
スピーチ後、複数の方々が彼のところに集まり質問しているなかで、「自分たちが企画しているレースにも救護班として来てくれないか」という話が何度かあった。そのたびに、泰斗さんは、「まずは地域の病院や消防にかけあって、トレイルランニングや山が好きな医師を探してみては」、と答えていた。なるほど、彼らが日本全国のこと全部はできないし、こういった動きを広げていくという意味でも、それはいい答えだなあと思って、横で聞いていました。
 
写真は、奥山賢治さんからいただきました。
26757794_1770199943072934_262913837

2018年1月 4日 (木)

「ファーストエイド」@ランドネ2月号

12/22発売『ランドネ』2月号(枻出版)に、野外救急法について書きました。付録がエマージェンシーシートの号であり、「山登りの基本キーワード20」という特集のなかです。
なぜ、山登りに野外における救急法の知識が必要なのか、その入り口を紹介しています。入り口といっても、6ページにわたり、内容も本格的に。
 
監修はウィルダネス メディカル アソシエーツ ジャパン(WMAJ)。医師や看護師、救急救命士など医療従事者、野外医療、野外救急の専門家たちから構成される、野外救急法の講習を行なっている団体です。
なお、『ランドネ』では、2月に読者向けの野外救急法講習を、WMAJのインストラクターを招いてい開催。詳細は、後日ランドネブログにて。
 
ランドネブログ → 
WMAJ  
・スタッフ顔ぶれ  
・『ランドネ』記事について 
26173531_10213507864584687_80270415
26240576_10213507873624913_11291441

2017年11月13日 (月)

山岳医療パトロール納会/久しぶりの再会

最近、仕事の合間の早歩きハイキングやサクッとクライミングが続いていたので、朝からのんびり山を歩けたのは、嬉しかった。
 
そんな久しぶりの里山歩きのあとに向かったのは、今夏黒戸尾根で実施された日本登山医学会山岳医療パトロールの反省会と慰労会。
パトローラーの医師、看護師、学会内の関係者、パトロールのベースとなった七丈小屋管理人。とここまではこの事業の当事者・関係者たちだから当然のメンバーとして、ほかにパトロールの見学同行をしたWMAJのインストラクター2名と、取材同行した私まで、声をかけてもらい参加。
 
議論された内容は、ここでは触れないとしても、そういった外部の者たちも招き入れる、オープンな風向きは素晴らしいなと思った。ちょっと、いやかなり新鮮。そしてこの爽やかな風、最近あちこちで吹いていると、感じる。
アプローチや方法、行動展開、細部の目標は異なっても、大局的に目指すところが同じであり、それを理解できれば、組織や立ち位置を越えて、人は交流できる。
そういうことを、軽やかに実践できる人たちがいる。それは年齢や世代とは関係ないように思う。
 
初めてお会いした方々から私の仕事についてご意見いただいたり、久しぶりにお会いした先輩たちと話をできたこともとてもありがたく。また、この夏を共にした方々とのお喋りも楽しく、発展性のある話題に広がり、河岸をかえて夜更けまで続いた。
 
個人的に、とても嬉しかったことは、ご無沙汰していた先輩方にお会いできたこと。
そしてそのうちのおひとりの方とは、じっくり話もできた。
最近の私の仕事について、ご意見をいただいたり、以前ご一緒した仕事を振り返ったり、そんな話をするなかで、突然彼が言い出した。
「柏さんに、そんな文章は発表する意味がない、と釘を刺されたことがあったでしょう。あれは嬉しかったよ」と。
えええ?そんな生意気なことを、私は先輩に言ったのだろうか。
内容を聞くうちに、うっすらと当時のことを思い出し、自分が考えていたことも思い出した。
それは、彼がなりわいである医業から離れ、個人的な登山について書いたものだった。
随分と酷い物言いだ。少々表現は違ったようだけれど、それにしても目上の方に言うことだろうか。
 
「何度も、僕のところを訪ねてきてくれたでしょう」とも。そういえば、当時の仕事を進めるなかでは、何度も食らいついていった。遠かろうが、遠慮もなく訪ねていっては、自宅に泊めていただくこともあった。
そういう時間があったからこそ、いまでもこうやってお付き合いいただけるのかもしれない

2017年11月 9日 (木)

医療従事者が学ぶ野外救急法-WALS

Dr's Meetingの翌日から5日間、清里でWilderness Advanced Life Support(WALS) (主催:WMAJ)が開催された。
医師や看護師、救急救命士など医療従事者が学ぶ野外救急法のクラスだ。
 
去年は、取材を兼ねたオブザーバーとして5日間みっちり参加させてもらった。
医師たちと同じレベルでスピード感もって、野外医療や野外救急法についてトレーニングしていくのは、予習に予習を重ねてもたいへんなことで、本人としては食らいついていった感じ。
けれど一緒に受講した医師たちが口々に、「ちっとも違和感ないよ、一緒にトレーニングしているじゃん」と言ったのには、少し救われたし、そこに野外救急法、野外医療のカギがあるとも思っている。
 
今年は最後の2日間、参加させてもらった。
 
登山者が野外救急法を学ぶのは、登山に必要な技術のひとつと理解するが、医師が学ぶ意味や意義はさらに深く広がりをもつ。
日本の野外救急法が次のステージにのぼりはじめていると感じるひとつは、医師、看護師、救急救命士といった医療従事者達のコミットメントが濃密になってきたこと。日々命を繋ぐ仕事、生命に接する仕事をしている彼らが、それぞれのモチベーションをもって野外救急法を学ぶ姿は、ホント頼もしい。
 
さらに今回は3名が医療アドバイザーが加わり、とても心強く充実した講習だったと感じた。
それぞれ、救命救急、精神科救急、災害現場、山岳事故現場などでの経験が豊富であり、そして野外医療、野外救急法に熱心な方々。こういった方々がこれから、野外救急法のクラスに深くかかわってくれるのは、心強く、この先が楽しみだ。
 
また、大規模シミュレーションのために16人の傷病者役ボランティアが集まってきたのも素晴らしいなあと思う。医師、看護師、歴史的に最悪な現場を経験した救急救命士、山岳ガイドをはじめとしたこれまた多彩な顔ぶれ。
 
WALSは、講師のDJ医師とWMAJスタッフ達、医療アドバイザーの3人、そして受講生たちが互いに意見を交わし合いながら体当たりで野外救急法について考え、学ぶ5日間。
救急法のお作法を学ぶのではなく(それはどのクラスも同じ)、野外で傷病者が発生した場合に、どのように状況を把握し、観察し、評価し、対処していくのか。
その際にリスクとベネフィットを天秤にかけ、どこに行動を落とし込んでいくのか。それを考える場。それは、登山の行動そのものに通じる考え方でもあったりする。
 
貴重な機会をいただき、心から感謝。これからも、頑張ります。
 
主催のWAMJについて 
WALSについて 
昨年の様子 
「医療アドバイザー」の3人 
WAMJからの報告 →① →②
23154850_10213035471015143_81329792
23215735_10213035472135171_79057931

2017年11月 3日 (金)

WMAJ Dr's Meeting

先日、WMAJ(ウィルダネス メディカル アソシエーツ ジャパン)主催のドクターズ・ミーティングがあった。WMAJのコースを受講した経験のある医師たちが集まり、来日中のディビット・ジョンソン医師(DJ)と共に、情報交換、意見交換をする場。
今年初めての試みであるが、平日の昼間にも関わらず全国から16人が集まった。
もちろん、参加したくても仕事などの都合上できなかった方々も大勢いる。
 
日本で野外救急法のコースが開催されるようになって10年程。
いまではプロバイダの数が増えたり、またそれぞれのプロバイダ間や、登山医学会などの団体との人的交流も始まってきた。
WMAJのコースには、いくつかの医学会所属の医師や消防士、県警所属の山岳救助隊、アウトドア各種のガイドたちなども訪れる。
なかでも医師たちの活動も盛んである。
 
今回は、WMAの歴史や世界各国の野外救急法事情、国内における法的解釈、DJからの新しいトピックやエビデンスなどについて、時間オーバーしながら3時間近く、みっちりと意見交換をした。
夕食後の交流会でも、所属の垣根を越えて、盛んに意見交換がされ、日本の野外救急法のシーンも次のステージにのぼりはじめているのではないかなと感じた。
 
交流会のとき、ちょっと遅れてきたDJが隣の席に座ってくれたおかげで沢山話ができたことも、嬉しかった。
彼の学生の頃の話、他国の事情、これまでのDJの仕事ぶりなど。
他国の事情は、アイスランドの特異な例について詳細を聞いたり、また個人的に関心をもったチベットでの取り組み。中国領については、香港、マカオとラサの3カ所でしかWMAJの活動はされていないのだ。北京ではなく、ラサ。その事情などを聞いて、納得した。
 
去年からインタビューを続けているDJについては、学ぶことばかりだ。
それは野外救急法の知識や技術だけでなく、ものの考え方、人との接し方、人生の歩み方。
野外救急法というフレームを通して、世界各地を歩き見てきた方の言葉は、重い。
そして、医師が野外救急法を学ぶ意義や意味は広く深く、また野外救急法における医師の存在がどれだけ重要であるか痛感した。
よりしっかりと医師や医療従事者たちと手を組んで(これまでも手を組んできたし、医療従事者がリードインストラクターであるけれど)、野外救急法の問題を進めていかなければならないと感じる。
 
それにしてもこの日の八ヶ岳山麓は、抜けるような青空。黄金色のカラマツの葉が吹雪のように舞う美しい日だった。
先に東京に戻り別の仕事をしている私は、ドクターズ・ミーティング後に始まったWALS(医療従事者向けの野外救急法コース)の様子が気になって仕方がない。そんな話を現場の友達にしたら、「禁断症状だね」「早く戻っておいで」などと、笑われた。
01a371bc2e9104e99d6d9edbf02ce6f89a3

2017年10月31日 (火)

野外医療先駆者、デヴィット・ジョンソン医師を囲む勉強会

10月27日、北里大学病院救命救急・災害医療センターにて、Wildeness Medical Asociate 代表のデヴィット・ジョンソン医師こと、DJを囲む勉強会。


今回は、野外医療、野外救急法がUSでどのように始まり、そして世界に広まっていったかという歴史の話から始まり、いくつかの事例を出しながら、野外医療、野外救急法について理解を深める内容だった。
”超プレホスピタル”からホスピタルにつなぐ話も。

一年ぶりに会うDJは、印象も言うこともまったく変わらず極めてシンプル。そして、泰斗さんが言う通り、どんな環境でも自分の頭脳を使うことと、垣根なく新しいものを取り入れるフレキシビリティ。じつは、これはDJと泰斗さんの共通点なのでは。

こんな素晴らしい会を2年にわたって開催してくださった稲垣泰斗医師をはじめ、北里大学救命救急・災害医療センターに大いなる感謝を。

昨年の様子はコチラ

22792374_10212968037169339_341682_5


2017年10月18日 (水)

「大切な人を守るための応急処置の基礎知識」@『fam』

子どもとアウトドアを楽しむお父さん向け雑誌『fam』(三才ブックス 1000円+税)に、「"知っていることがいちばん大事" 大切な人を守るための応急処置の基礎知識」を書いた。
子どもを持った経験もなければ、とーさんになったコトもない。果たしてそんなで記事書けるのか? と思いましたが、優秀なフリーの編集者さんに助けられた。
 
監修はWMAJ(ウィルダネス メディカル アソシエーツ ジャパン)代表理事の横堀勇さん。
WMAJの本部は、アメリカにあるWMA(ウィルダネス メディカル アソシエーツ)。一般市民からアウトドアガイド、軍隊など政府間組織など様々な人たちに野外における救急法および災害時における救急法を講習している団体。
そのプログラムは、野外医療や救急医療を専門とする医師たちによってつくられている。またWMAやWMAJでリードインストラクターになるには、トレーニングを積むのはもちろんのこと、その前提として医療従事者、アウトドアガイド、教育者としての3つのキャリアが必要。
今回、監修してくださった横堀さんも、カナダでパラメディックの経験を、カナダと日本で山岳ガイド、教育者としてのキャリアを積んできた方だ。
このようなキャリアを持つ方に監修してもらえることは貴重。
 
今回の記事は、野外救急法あるいは、救急法というものについてこれまで接してこなかった方でもわかるような内容を心がけており、通常WMAJで講習している野外・災害時救急法の内容を大幅に省略した記事となる。
WMAJでは、人間の生命がなぜ維持さるかというメカニズムから習い、傷病者の「観察」と「評価」を重々身に着け、そこから応急処置に入る。
この過程を理解するには、一定以上の時間をかけて受講しないと難しい。
 
それでも編集者と監修者の手腕もあり、アウトドアを愛好する人たちが必要とするトピックをなるべくわかりやすく取り上げるようにした。
キャンプ場で起こり得る傷病について、お父さん(親御さん、大人)がどうやって子どもたちを守ったらよいか、守れるか、対応できるか記事にしてある。
 
秋のアウトドア・ホリデーにお役立てください!
Fb_dsc0046
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターやテントむし山旅プロジェクトbyAdventureDivasのガイドなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。内容など、ご相談の上、実施したいと思います。

Magazines