guideing

2019年8月20日 (火)

ガイドツアー/薬師岳~黒部ダム縦走

8/9~12 折立~薬師岳~五色ヶ原~黒部ダム・テント泊縦走(ガイド)

 

ちょうど1週間前に静岡駅で別れた森ちゃんと教ちゃんと富山で再会、成ちゃんが加わって、チーム「り」。
前回の南ア南部に比べれば余裕さ、というふたりと、心身共に元気さキープの成ちゃん。ボリュームあるコースですが、足並みがそろっています。

 

槍穂がやがて遠くなり、剱岳がどんどん近づいてきて、裏銀座や水晶・赤牛の稜線、後立山連峰が見渡せる毎日。薬師岳って、北アルプスのほとんどの山が望めるんだな。

 

「秀峰」は、人それぞれだろうけれど、私にとって、薬師岳は秀峰。北アルプスでいうと、薬師や笠は、登ってほしい山。いつか、ほかの山から眺めたとき、この日のことを思い出すだろうなって思う。薬師岳のピークは南北に長いので、雲ノ平あたりから見るとどーんと屏風のようであり、剱や弥陀ヶ原方面からだと、しゅんと引き締まった姿。いずれも重量感があり、好み。

 

4日のあいだに、月が膨らみ、空の雲が少しずつ変わっていった。今回の台風が去ると、山の空気が入れ替わるかなあ。今年最後の夏山だったかもしれない。
ご参加の皆さん、いい時間を、ありがとうございました。

 

68717432_10217892754924205_2832459652434

 

68300185_10217892755924230_8338490215601

 

67827327_10217892754764201_2458433971650

 

 

ガイドツアー/Team Good Jobの夏山

Team Good Job(命名は農鳥小屋ご主人)、白峰三山、仙塩尾根と続き、今夏は三伏峠から聖岳まで4泊5日のテント縦走をしてきました。昨年下山した三伏峠からのリスタートです。
三伏峠~荒川前岳までの空白を歩き、これにてザックさんは南北中央アルプスの主稜線を全部歩いたことになるそうです。

 

難しいセクションや失敗が許されないところが続いたり、逃げ道が少ないルートでありながら、全体的に体力を要し、最終日の聖沢下山まで気が抜けませんでした。皆さん、元気に確実に歩いてくださり、無事縦走を終えることができました。

 

南アルプスは、やっぱりいい!山が大きくて、谷が深くて、緑が濃くて、静かな山歩きができます。
ガイドに参加してくださるお客様それぞれの、山の楽しみ方やセンスに触れながら、今年も、かけがえのない夏の時間をいただきました。

 

個人的には、学生時代に幾つもの思い出のある赤石岳、聖岳に登れたことや、久しぶりに間近で大好きな聖岳東尾根を眺めたなど、貴重な時間になりました。

 

また、日本の山岳地帯の自然環境、山小屋を含めた登山社会の現状を、この山域でも目の当たりにし、考えることも多かったです。

 

67447715_10217799297947839_3574807980333

 

68305014_10217799314748259_4021657129428

2019年8月13日 (火)

ガイドツアー/徳本峠~蝶ヶ岳縦走レポート

7/13~15 大正池→上高地から徳本峠、中村新道を蝶ヶ岳へ縦走

 

梅雨時のなか、じつにラッキーだったのは、お天気とコースのマッチング。
13日、大正池から歩きはじめ、上高地のあちこちを巡ったあと、徳本峠ともご縁の深い嘉門次小屋の上條久枝さんに見送られて、峠へ。
曇り空ながら、明神岳も西穂の稜線も見渡せ、徳本峠らしい景色。
じゃが芋のお味噌汁が美味しい徳本峠小屋は、とっても楽しいところでした。

 

14日、中村新道を歩いて、大滝山、蝶ヶ岳へ。
緑濃い静かな稜線歩き。雨量はごくわずかなうえ、樹林に守られ、雨風の影響をほとんど受けずに、お花を楽しみながら。
この日は、蝶ヶ岳山荘脇のサイトでテントを張って、わいわい共同生活。

 

15日、展望を期待して、横尾に降りることに。槍穂こそ見えなかったけれど、青空と屏風岩を眺めて下山。
横尾山荘で山田直さんに、「じわじわと蝶ヶ岳へ登っていく稜線歩きだったね」と言われ、上高地へ。
今回は、偶然にもおふたりともLOWA。オーソドックスで頑強で歩きやすい良質な登山靴。私も履いてくれば、よかった!
旅のお茶菓子は、地元開運堂の「徳本峠・胡桃餅」「ウェストンクッキー」、お菓子先生のお菓子。その山域に縁あるものや手作りの行動食は、贅沢。

 

「ああ、この山に登ってよかった」「このルートを歩いてよかった」と思えるような―それにはいろんな意味があったり、後々に思い起こすのでもよいのだけれど―登山を、これからもご一緒できるように努めたいです。

 

今後のガイド山行、以下に空席あり。ご関心ある方、お問い合わせください。
8/31~9/1 大日三山縦走 (山小屋泊)
9/13~16・9/21~23 白馬岳~朝日岳縦走 (山小屋泊)

 

67313669_10217667950944246_6173961341347

 

67220099_10217667951944271_2950926627258

 

67140285_10217667952624288_2250848246500

 

67097652_10217667952024273_9010841086360

 

 

2019年8月 5日 (月)

「東北の高校生の富士登山」MJリンク応援ツアー

田部井淳子さんが遺したもののひとつ、「東北の高校生の富士登山」、8年目にしてやっと、”現場”での参加が実現できました。MJリンクの応援富士登山ツアーです。

高校生たちが明るく可愛らしく、8年間色んなプロフェッショナル達が関わり続けてきたことを見ることができました。
このプロジェクトを引き継いだ長男の進也さんが、1班の高校生達と一緒にノリノリで山頂の鳥居をくぐってきたかと思いきや、下っていき、最後の9班と一緒にまたまたノリノリで上がってきました。Qちゃんさながら。

ひとことでいえば、参加して、とってもよかったです。
そして、田部井さんは、とんでもなく大きなものを遺してくださったのだと思いました。
来年もぜひ続けたいと思います。
MJリンクがスタートして、今年で10年になります。
10年目のなにかを考えたいですね。
昨日今日とMJリンクサポーターの方々(菅野由起子さん、大久保由美子さん)と一緒に行動し、7人の参加者の皆さんと山に登り、手前味噌ながら、MJリンクは、やっぱりいいな!と思いました。贅沢な時間でした。

 

*なお、MJリンクでは、今秋、二度目の台湾ツアーを企画しています。詳細はココ。ぜひご参加を!

 

66928831_10217736459256911_8479662590870

 

67222852_10217736459016905_5203238800477

 

67080452_10217736463817025_309570360107567501217_10217736472857251_1194478379802

2019年7月 8日 (月)

ガイドツアー/会津駒ケ岳レポート

あいにくの空模様だった先週末、ガイドツアーで参加の皆さんと会津駒ケ岳へ。
当初、1週早い企画だったところを、諸般の事情で予定変更したため、満員御礼から私を入れて4人の静かな山の旅になりました。

 

土曜は降られずに、山頂まで。駒の小屋にてお泊り。
私が親しく思って通っている富山県朝日町住民やそこにそびえる朝日岳の関係の方々がふたりも宿泊中であったりして、夜はみなで持ち寄った食糧で料理をし合い、私達も、皆さんからたくさんご馳走になって、賑やかに過ごしました。

 

翌朝は小降りのうちにスタート。ご参加の皆さんは健脚ぞろいでしたが、天候悪化の兆しがあり、稜線は風も強かったので縦走は諦め。滝沢の登山口に舞い戻り。本格的に降雨量が増す前に、下山できました。
雨に濡れたブナとミズナラ、アオモリトドマツがとっても綺麗でした。
雪解けの間際からイワカガミやショウジョウバカマが咲き始めていました。

 

いつ、どんな季節に登っても、気持ちよい山。名山です。
下山後は、山麓の桧枝岐村を遊んで、帰路へ。

 

7~8月のガイドプラン、空席があるのは次の4本です。
ご関心ある方、お問合せ下さい。
7/13-15 上高地周遊+徳本峠~蝶ヶ岳 
7/23-24 高校生富士山応援登山(MJリンク)
8/9-12 薬師岳~黒部テント泊縦走
8/31-9/1 立山・奥大日岳小屋泊縦走

 

 

Photo_20190708020701

 

Photo_20190708020602

 

Photo_20190708020601

 

4

 

5

 

2019年7月 1日 (月)

今年のガイドツアーの前に

この週末から、今年のガイドツアーを始めた。当初、5月にも予定していたが、ほかの仕事が入りキャンセルをした。
今年の記録の前に、3ヶ月ほど前のことを、留めておこうと思う。

3月末のこの日、「テントむし」ツアーの1年目から参加してくださっている方々が集まりを設けてくれた。
昨年にて、7年間続けたこのツアーを辞めたからだ。辞めたけれど、いちばん感謝するべき参加の皆さんの前で、ご挨拶する機会もなく、心苦しく思っていたのを察してくれたのかもしれない。ほかにも、数人のグループで集まったり、ウチに遊びに来て下さる方々が続いた。

いただいた特製アルバムの表紙は、会津駒ケ岳から大津岐峠方面へと縦走する稜線のものだった。
このアルバムを見て、1年目は未熟な至らない点も多々あっただろうけれど、原石のようにキラキラ輝いていて、楽しかったなあと思い起こした。
またこの晩は、参加の皆さんと山そのもの、登山そのものの話ができたことが、望外の喜びであったし、私が想像するよりもずっと大きなことをメッセージとして受け取ってくださっていたことを知り、感謝した。

一緒にいい時間を過ごし、いい出会いがあること、それが素晴らしいとご挨拶くださった方もいたが、それはあとから着いてくるもの。
まずは、いい山登りを提供すること、それがガイドの仕事。直球ど真ん中ストライク。
つくづく、ガイドは機会やきっかけを提供できれば、御の字であり、山そのものがみんなに与えてくれるものが素晴らしいのだと、思いました。山が偉大であり、登山という行為が素晴らしい。

この日参加の皆さんには言ったけれど、辞めてとても清々しく思っています。

94a5874d90044d95be2b2d43698fd2cd

 

2019年5月22日 (水)

『大人の山登り入門』-50代夫妻を山へ・澤田実ガイドと共に

去年の今日のfacebookより。
去年の今ごろ、『大人の山登り入門』というムック本を出版したときの話です。
旧知の澤田さんですが、ガイドになってから山をご一緒したのは、この時が初めて。
登った時間が、豊かなものとなり、そこには、そのガイドの人柄や生き様が表れている、触れることができる。ああこの人と登って、ほんとうによかったな、幸せだなあと思わせてくれる、そんなガイドさんってほんとうに素晴らしいなと、澤田さんと登って思いました。
心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

*****
全体の監修とライティングを担当しました。
ライターは複数参加していますが、主だったページは、50歳トリオ(山本晃市、森山憲一、柏澄子)が執筆。
アラフィフが山登りを始めるという内容なので、年齢的にはぴったりな。仕事の進め方も内容も三者三様なのは、言うまでもなく。
内容は多岐にわたりますが、2つのコーナーを紹介したいと思います。
ひとつ目は、「夫婦ふたりの初めてハイキングに密着!」
50代半ばのご夫婦に登場いただき、丹沢の端っこにある高取山・仏果山を縦走しました。
サーフィンと海釣りが大好きで年間100日は海に通う黒沢英喜さんと、読書に手芸とインドア派であり、山は小学校の富士山以来という黒沢英里さん。
おふたりが、山を味わっていく様子が、とても瑞々しく。
歳を重ねた方が新たなことを経験するとき、こんな風に智恵があって、だからこそ純粋なれるんだなあと、とても素敵な大人の趣味を見せてもらいました。
黒沢夫妻のコメントも載せています。
そんなお二人をガイドしてくれたのは、澤田実さん。
取材に向かうクルマのなかで、英喜さんの海の話を聞き、「ヨット、やってみたいんですよね。だって地球の70%が海でしょう」と。
帰路のクルマのなかでは、大学時代からの趣味である洞窟の話をずっとしていました。
山のなかでは、専門の鉱物や火山の話も。
澤田さんはいつも楽しそうに山に登っていて、穏やかで豊かで、今回のガイド役を澤田さんにお願いして、ほんとうによかったです。
ちなみに、20年以上前のコトでしょうか。ギター背負って小川山レイバック初登の顛末も、根掘り葉掘り聞いちゃいました。
ルートの途中で(あの比較的しっかりしたスタンスかな)歌ったのは、尾崎豊だったはず、と。
大人になってから、山登りを始めたいという方がお近くにいたら、勧めてみてください。
*facebookの写真は、私が取材中に撮ったもの。本誌は、加戸正太郎さんの写真でご紹介します。
https://www.ei-publishing.co.jp/magazin…/detail/mook-464491/

 

33089663_10214606640493398_6029898234044

 

33143345_10214606640413396_3650718671136

 

33245656_10214606647333569_1056255938396

 

2019年5月17日 (金)

会津駒ケ岳@5/13毎日新聞

5月13日の「わくわく山歩き」@毎日新聞は、会津駒ケ岳でした。
webでもご覧いただけます(有料)。
https://mainichi.jp/articles/20190513/ddm/014/070/019000c

 

繰り返し登りたいと思う山に出会えるというのは、「仕合せ」です。何度も通って、少しずつ見えてくるものがあり、それがしあわせです。

 

新聞は、多くの方々が読んでいるので、思いがけないところから、「読んでます」と声をかけてもらいます。
親戚や13年前に亡くなった山仲間の義父母さま、ありがたいことだな、と思います。

 

ところで、来月の会津駒ケ岳ガイドツアー、山小屋の事情などあり急きょ日程を変更しました。そのため、満員御礼から残席多に。
6/29-30 滝野登山口→会津駒ケ岳(駒の小屋素泊まり)→縦走してキリンテへ下山。残雪と新緑が山に躍動感をもたらせてくれる、美しい季節です。
ご興味のある方、ご一報を!

 

60236964_10217182972220081_526613255780360323428_10217183009781020_384665233899160011971_10217183009941024_388856684752360152786_10217183018101228_3434139546462

 

2019年3月16日 (土)

フィッツロイ報告会へ

今井晋さん舟生大悟さんが、札幌で「Patagonia遠征報告」をやるというので、マイルもあったし、弾丸行ってきた。

昨年12月のFitz Roy Supercanaletaほか3本のクライミングについて、写真を交えたトーク。
脂がのっていてイケイケの33歳・大悟くんと、酸いも甘いも嚙み分けたベテラン47歳・晋さん。

 

この遠征がどうやって始まったか、それぞれから聞いていた話と、この日のふたりの話が符合し、とてもよかった。大の大人たちがこうやって自分をプッシュするから、カッコいいんだなあって思う。
ふたりのホームでの開催でもあり、会場は和気藹々としていて温かい雰囲気だった。

 

ほんとうに、 行ってよかった。

65aebd9716aa486fb89fd82a3b44fedb 

2019年1月10日 (木)

お供え

長年続けたツアーの仕事を辞めたためか、最近、これまでに参加してくださった方々が、代わる代わる、遊びに来てくれる。
昨晩、単身でやってきた彼女は、普段は料理をしないという。
私の仕事が長引いたこともあり、彼女が来宅してから夕ご飯を作り始めるというしまつ。さらに、急な電話が続き、台所から離れることに。
「人参、どうやって切ったらよいか、教えてください」というので、少量だけ切って見せると、電話が終わった頃には、とてもきれいな千切りが出来上がっていた。ほんとうに、普段料理をしないのだろうか? というような出来栄え。
ある先輩ガイドが、ガイドの言うことを忠実に聞けて、その通りに実行できる人はポテンシャルが高いという話をしていた。彼女のことである。
たしかに、と思い当たる節は、私にもある。こちらが言ったことを、なんの迷いもなく忠実に行動に移せる人というのは、すごい。登山中のそれに比べたら、人参の千切りなんて、簡単なのかもしれない。やったことがなくても。

急な電話が続いたのは、山岳部の後輩の訃報だった。
あれは社会人2年目のGWだったか。赤石岳から滑落したという連絡が入って、北アルプスに向けていたパッキングをやり直し、南アルプス山麓へと向かった。タイミングよくヘリが飛んでくれて、彼とは病院で面会することになる。登山口近くのヘリポートからヘリが飛び立った時のことを、よく覚えている。

ちょうどこの夏、赤石岳周辺を歩く予定を作っていたのは、偶然だったのか、なんであったのか。当時の滑落現場に行って、お参りしてこよう、と考えた。
彼女が千切りにしてくれた人参は、竹輪と一緒にきんぴらに。ふたりで沢山食べたあとになるけれど、お供え。
49704198_400946127113742_4903403835
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。2019年6~11月のガイドカレンダーをお送りします。ほか、オーダーメイドも承っておりますので行き先や内容など、ご相談ください。

Magazines