« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

2021年8月17日 (火)

登山中の心疾患と脳卒中@『岳人』9月号

『岳人』9月号・特集は「登山の効用」。
登山に効用を求めたことはないけれど、長く楽しめるようにという意図のようです。

「登山中の心疾患と脳卒中」という記事を書き、伊藤 岳 医師に監修いただきました。
コロナ医療の最前線にいらっしゃるなか、大変なときに、ありがとうございました。
伊藤医師は、兵庫県立加古川医療センター救急救命室に勤務する救急医です。
日本山岳ガイド協会のファーストエイド委員会委員長でもあり、私達ガイドは、伊藤医師をはじめとした3人の医師たちから登山中の救急法や登山に関連する病態やケガなどを学びます。
彼らのお人柄もあるのでしょうが、私達ガイドにとって、とっても親しみやすく、ことある毎に相談を投げかける方々でもあるのです。
数年前には、好日山荘で連続開催していた伊藤医師による登山者向けの講習会にも、参加したことがありました。ちょうど、「登山中の突然死」というテーマでした。
そんなご縁をいただき、今回、監修をお願いしました。

登山中の突然死について本を書いたことがありますが、様々な制約がある雑誌で4ページにまとめるのはなかなか難しい作業です。
伊藤医師が、「病状は経時的に悪化するかもしれない、ということを考えると、何らかの身体症状を抱えながら、より山の深部に入っていくことはリスクを高める行為であると、ごく一般的なこととして認識してほしい」というような話をされていたのが、印象的でした。
”北アルプス深奥の診療所”の運営に深くコミットし、八ヶ岳など幾つもの山中の診療所にも関わってきた方らしい発言でした。
ぜひ、お読みください。

Photo_20210817190401

光岳と遠山郷での取り組み@『山と溪谷』

8/12発売の『山と溪谷』9月号に、南信州山岳文化伝統の会の取り組みを、カラー6ページにわたって紹介しました。
登山家の大蔵喜福さんと、他県に先駆け「信州山のグレーディング」を作った時の立役者・原一樹さんらが中心となり、山麓の遠山郷に残る歴史といま、そしてそれを光岳登山へとつなげる話。

コロナでネガティブな話題が多いなか、ふと目をやると、山の大先輩の大蔵さんは、そんなことをものともせず、南アルプス南端で活動されていることを知り、その内容が、登山の根源に関わるようなことでもあり、とても共感したので取材を申し込みました。
これらの取り組みは、コロナを見据えてのことかと思いきや、それ以前に別の観点から考えていたというのも、驚き出下。
ファムトリップの様子、面平に作ったキャンプ場、遠山森林鉄道跡のトレイル、光岳への道のり、大蔵さんのインタビューなど、ぜひご覧ください。

南信州山岳文化伝統の会の大蔵 喜福 さん、原一樹 さん、八幡秀彦 さん、平澤 健 さん、Billy Kodamax さんにお出迎えいただきました。
写真は、 杉村航 さん。
ほか、ファムトリップ参加の皆さん、環境省南アルプス自然保護管事務所の皆さんにお世話になりました。
ありがとうございました。

Photo_20210817181701

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。2019年6~11月のガイドカレンダーをお送りします。ほか、オーダーメイドも承っておりますので行き先や内容など、ご相談ください。

Magazines