« 山書 | トップページ | そして、春雷 »

2018年2月28日 (水)

春が近づいて

季節の移り変わりというのは、その季節によって違うように思う。
 
夏になるのは、空気が入れ替わったその日の朝。
秋を感じるのも、乾いた空気に入れ替わった、その時。
冬の訪れは、徐々にやってくるように思う。
 
春が近づいてくるのも、だんだんと。
季節が行ったり来たりしながら、逆戻りの天気もあって。
 
雪国でも、雪が消え始めた土からフキノトウが出てきた。
天ぷらにして食べた。今年初の、苦味のある山菜の味だ。
日が長くなってきた。
北アルプスの稜線で風に吹かれると、それは寒いけれど、ひとたび谷に入ると、柔らかな日差しが届く。
けれど、まだまだ天から雪も降ってくる、それもまた嬉しくなる。
 
春のお告げが、あちこちから届き始めた日の朝、白湯に桜を漬けこんだ塩を落として飲んでみた。
_dsc0004_2

« 山書 | トップページ | そして、春雷 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540701/66444893

この記事へのトラックバック一覧です: 春が近づいて:

« 山書 | トップページ | そして、春雷 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターやテントむし山旅プロジェクトbyAdventureDivasのガイドなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。内容など、ご相談の上、実施したいと思います。

Magazines