« 凍てついた窓 | トップページ | 豆を煮る »

2017年12月30日 (土)

稜線の風と破断面

一昨日夜のこと。
「明日、アーリーモーニングやるね」と、夕食の鍋を囲みながら、スマホで情報キャッチ。
八方のスキー場が、朝6時40分からリフトを動かすというのだ。
それならば早く寝なければ、とそそくさと寝床へ。

明けた早朝はまだ寒くて、白馬三山がピンク色に染まるのを眺めながら、クルマを名木山の駐車場へ走らせた。

今日午後、村外からクルマで戻ってくると、山は見渡せたが、稜線の風が強そうだった。雪煙が上がっているところもあったし、上空の雲の流れも速い。
天気図が示していることではあるが、こうやって実際にみると、その程度がわかる。

いつもの窓から山々を眺めると、大きな破断面があることに気づいた。麓から稜線近くの破断面が確認できるのだから、範囲が大きいだけでなく、高さもあるのだろう。大きな山に大規模な雪崩のあと。
「いつ雪崩たのかなあ?」とつぶやくと、横で「朝からあったよ」と。
写真の1枚でも撮っておくべきだったとは、あとで気づいたこと。

こんな風に麓に暮らして、山の天気の移り変わりを五感で知ることができるのは、ほんとうにいいな。

東京の自宅に戻ると、とたんと山と距離ができてしまう。

Fb_dsc0107_3

« 凍てついた窓 | トップページ | 豆を煮る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稜線の風と破断面:

« 凍てついた窓 | トップページ | 豆を煮る »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。2019年6~11月のガイドカレンダーをお送りします。ほか、オーダーメイドも承っておりますので行き先や内容など、ご相談ください。

Magazines