« 70年目の『現代用語の基礎知識』 | トップページ | 森嶋一也写真展 "moroccan FOLKLORE" »

2017年11月13日 (月)

山岳医療パトロール納会/久しぶりの再会

最近、仕事の合間の早歩きハイキングやサクッとクライミングが続いていたので、朝からのんびり山を歩けたのは、嬉しかった。
 
そんな久しぶりの里山歩きのあとに向かったのは、今夏黒戸尾根で実施された日本登山医学会山岳医療パトロールの反省会と慰労会。
パトローラーの医師、看護師、学会内の関係者、パトロールのベースとなった七丈小屋管理人。とここまではこの事業の当事者・関係者たちだから当然のメンバーとして、ほかにパトロールの見学同行をしたWMAJのインストラクター2名と、取材同行した私まで、声をかけてもらい参加。
 
議論された内容は、ここでは触れないとしても、そういった外部の者たちも招き入れる、オープンな風向きは素晴らしいなと思った。ちょっと、いやかなり新鮮。そしてこの爽やかな風、最近あちこちで吹いていると、感じる。
アプローチや方法、行動展開、細部の目標は異なっても、大局的に目指すところが同じであり、それを理解できれば、組織や立ち位置を越えて、人は交流できる。
そういうことを、軽やかに実践できる人たちがいる。それは年齢や世代とは関係ないように思う。
 
初めてお会いした方々から私の仕事についてご意見いただいたり、久しぶりにお会いした先輩たちと話をできたこともとてもありがたく。また、この夏を共にした方々とのお喋りも楽しく、発展性のある話題に広がり、河岸をかえて夜更けまで続いた。
 
個人的に、とても嬉しかったことは、ご無沙汰していた先輩方にお会いできたこと。
そしてそのうちのおひとりの方とは、じっくり話もできた。
最近の私の仕事について、ご意見をいただいたり、以前ご一緒した仕事を振り返ったり、そんな話をするなかで、突然彼が言い出した。
「柏さんに、そんな文章は発表する意味がない、と釘を刺されたことがあったでしょう。あれは嬉しかったよ」と。
えええ?そんな生意気なことを、私は先輩に言ったのだろうか。
内容を聞くうちに、うっすらと当時のことを思い出し、自分が考えていたことも思い出した。
それは、彼がなりわいである医業から離れ、個人的な登山について書いたものだった。
随分と酷い物言いだ。少々表現は違ったようだけれど、それにしても目上の方に言うことだろうか。
 
「何度も、僕のところを訪ねてきてくれたでしょう」とも。そういえば、当時の仕事を進めるなかでは、何度も食らいついていった。遠かろうが、遠慮もなく訪ねていっては、自宅に泊めていただくこともあった。
そういう時間があったからこそ、いまでもこうやってお付き合いいただけるのかもしれない

« 70年目の『現代用語の基礎知識』 | トップページ | 森嶋一也写真展 "moroccan FOLKLORE" »

コメント

はじめまして、ようこそお越しくださいました。
目標があって、いいですね。頑張って下さい!
はい、山の世界は狭いので、どこかでお会いできそうです。

はじめまして。
まだ登山を始めたばかりの初心者ですが、山岳看護師目指して登山技術の勉強中です。
来年度募集があったら、山岳医療パトロールにも挑戦してみたいと思っています。
もし山でお会いする事がありましたら、よろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540701/66038827

この記事へのトラックバック一覧です: 山岳医療パトロール納会/久しぶりの再会:

« 70年目の『現代用語の基礎知識』 | トップページ | 森嶋一也写真展 "moroccan FOLKLORE" »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターやテントむし山旅プロジェクトbyAdventureDivasのガイドなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。内容など、ご相談の上、実施したいと思います。

Magazines