« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

野外医療先駆者、デヴィット・ジョンソン医師を囲む勉強会

10月27日、北里大学病院救命救急・災害医療センターにて、Wildeness Medical Asociate 代表のデヴィット・ジョンソン医師こと、DJを囲む勉強会。


今回は、野外医療、野外救急法がUSでどのように始まり、そして世界に広まっていったかという歴史の話から始まり、いくつかの事例を出しながら、野外医療、野外救急法について理解を深める内容だった。
”超プレホスピタル”からホスピタルにつなぐ話も。

一年ぶりに会うDJは、印象も言うこともまったく変わらず極めてシンプル。そして、泰斗さんが言う通り、どんな環境でも自分の頭脳を使うことと、垣根なく新しいものを取り入れるフレキシビリティ。じつは、これはDJと泰斗さんの共通点なのでは。

こんな素晴らしい会を2年にわたって開催してくださった稲垣泰斗医師をはじめ、北里大学救命救急・災害医療センターに大いなる感謝を。

昨年の様子はコチラ

22792374_10212968037169339_341682_5


2017年10月28日 (土)

クライミングジムの雰囲気

グータッチとかハイタッチとか苦手だし、週末に行くとトラックの渋滞にあって駐車場に入るのも難しい。このあいだなんて、後ろのトラックの兄ちゃんがわざわざ下りてきて、あーせい、こーせい、あーやってこの渋滞を抜け出せなど教えてくれたけれど。
けれど、ルートの設定が面白くて、やっぱりまた、行っちゃう。
 
昨晩行ったジムは、今月二度目だけど、それは多分10年ぶりぐらいのところ。レトロな雰囲気がちょっと安心して、そして常連のお兄さんが、5手目からどうにも壁から剥がれていく私に、優しくアドバイス。
 
自宅近くのジムは昼と夜では雰囲気がちがって、やっぱり昼間の方が行きやすい。
01aad5fc7c751eca97f97c276ed0680a861

2017年10月25日 (水)

神楽坂の夜のあとに

インドの登山から帰ってきた友人と会った。
登山の話以外にも、ダラムサラでの、まさに「仕合せ」のような出来事なども聞いた。
メンツィンカンで買い求めてくれたというプジャ用のお香を手渡された。
帰り際、「今度、お母さんのお見舞いに行くよ」と言ってくれたことには、ちょっとびっくりした。びっくりしたというと好意に対して失礼であるのだが、なかなか言えることではないと思ったのだ。
 
最近思い出すことがふたつある。
 
ひとつは父の死に際。15年以上前のこと。
その日、母と私は口喧嘩していた。そうひどいものではないが、母がちょっとクダラナイことを言ったので、そんなことはいまはどうでもよい、と私が反論したのだ。さすがに父の枕元でそんな会話をするのは忍びなく、ベッドの足元の方で。
その間、夫は父の口に水を含ませたり、看病してくれていた。
そして、言い合いをしている私たちに向かって、「呼吸が止まった」と言った。
枕元に歩み寄ると、まったく息をしていなかった。念のために首に3本の指をあてて、総頚動脈のあたりを探ったが、なにも触れなかった。
漫画のような出来事であるが、振り返るに、これはけっこうしあわせなことだったのではないかと思う。もともと少ない家族が、全員そろっていたのだから。
 
もうひとつは、物書きの師匠が、母親の病床に通っていたときのことを書いた文章。いまはもう手元にない文章であるが、忘れられない。
死に際にあってもなお、親はその姿をもって、生き様とか人生というものを教えてくれるというようなことが書いてあったと記憶している。
 
先日、知人である装丁家の方が紹介していたある文章を読んでみた。
老人ホームで死期を迎えた男性が残した手紙だ。
この文章にあるように、老いというは残酷であり、ときに外側だけを見ると、人間の尊厳さえ失わせてしまうようなこともある。
けれど、物書きの師匠が書いていたように、まさに親というのはそんな残酷な姿をみせながらも、人の一生とか、人生がどんなものであるのかということを、教えてくれるのだなあと、やっと親の尊厳がわかり、感謝できるようになった。
019cbbf0b3cdf70e745a79a9bee94b063_2
 

取材ノート

山など野外で取材する場合は、コクヨの測量野帳を使う。登山者で利用している人も多いと思うが、表紙がしっかりしているので、立ったママでもどこでもメモできる点も便利。SKECTCH BOOKという方眼のものが、いかようにメモしても方眼がジャマにならないので好き。
 
街での取材や打ち合わせで使うノートは、とくに決めていないけれど、一冊にしている。複数の仕事が並行して進んでいるが、どんな内容の取材も打ち合わせも、すべて同じ一冊に書く。アタマから順にメモしていく。だから、Aの取材の次にページにBの打ち合わせが入り、その次にまたAの取材に戻ったりもする。
けれど、ページのアタマに、メモする内容を書くのであまり混乱しない。たとえば、「ヤマケイ/船窪小屋」とか色ペンを使って大きくタイトルのように書く。ときには付箋もつけてインディックスのようにするので、複数の内容が一冊に収まっていても、なにがどこにあるかは、だいたいわかる。
一冊にしておいた方が、整理しやすい点もあるし、どんな時もその一冊をもっていけばよいという点も簡単でよい。
 
長い取材や、ひとつの取材について大人数の方にインタビューする場合は、専用の一冊を作ることもある。それ以外にも、ちょっと気が向いたときや、とくに理由がなくとも、専用を作ることもある。
 
去年使っていた”須弥山”取材の一冊。レナン・オズタークのイラストを表紙に貼ってみた。もちろん、レナンたちが登ったメルーが描かれているもの。
ちょうど半分ぐらい使用したまま、机のいちばん上の引き出しに眠っていたが、今月からまったく別の山の取材に使っている。
Mr. Meruと私が呼んでいたクライマーは、12
年目4度目の登山で登頂する。
いま取材中のべつのクライマーに2月の雪山で会ったとき、今回の計画を聞き、「彼は12年目4度目だったけれど、10年目の4度目になりそうだね」って話したら、笑っていた。
裏表紙に、もうひとつの山の写真でも貼ろうかな、この取材手帳。
 
思いがけず時間ができて、もう少しじっくり取材したり、読んだり、書いたりできることは、ほんとうによかった。
けれど、今週は1度ぐらい山に行きたい。晴れの日をつかめるか。平日休みの人をつかめれば秋のクライミング、いなければちょっと雪の載った高い山へ。
01507fe9b859046ffc092c4d7f64d844552

2017年10月24日 (火)

野菜や肉を切る

先月下旬、友人達と夕ご飯を食べていたとき、味噌汁の話になった。
以来、【味噌汁日記】なるものをつけている。ごく少数の友人達を中心に閲覧してくれているもので、大っぴらではなく、友人達はときどきコメントくれたり、メールや電話をくれて、私も楽しんでいる。
 
今朝、ベッドから起き上がるときに、「さて、今朝の味噌汁はなににしよう」と考えた。冷蔵庫にある舞茸はそろそろ食べきらなければならない。やまじゅうさんからもらった青梗菜も使いたい。けれど、舞茸と青梗菜って顔ぶれ、いったいどうなの? と思ったとき、切り方次第かもしれないと思いついた。
青梗菜を繊維に沿って切ってみよう。あんまりやったコトないけれど。トモさんが山から採ってきてくれた茗荷も繊維に沿って切ろう。そうすれば舞茸にも合う気がする。
はたして、舞茸の味がしっかりでた味噌汁に、繊維に沿って切った青梗菜は新鮮な食感だった。まずまず。
 
白馬でお惣菜屋さんをやっているゴマちゃんは、この間、私が普段はしないような切り方で法蓮草を処理し、タッパーに保存していた。あれには意味があったはずだ。尋ねそこねたので、次回聞いてみようと思った。
その彼女の作る味噌汁に入っていた大根葉、大きめに切られているのだけれど、食べやすい(写真)。これにもヒミツがありそうだ。
 
今朝の日経によると、ピーマンは繊維に沿って切った方が栄養が保たれ、大蒜や玉葱は微塵切りの方が栄養価がUPするという。その理由も書いてあった。
 
先日友人と、肉を切るナイフの話をした。卓上で使うカトラリー。口に運ぶ直前に使うものが、どんな切れ味であるのか、それによって肉の味も大きく変わるよねって話。
彼女が目につけたナイフのことを聞き、シャモニーの店に並んでいたカトラリーを思い出した。私が、日本人もよく買うナイフのメーカーのカトラリーをみていると、パリ在住30年近い先輩が隣で、「スミちゃん、買うならばコッチだよ」と別のメーカーをさした。いかに違うか、教えてくれた。小さな村で作っている話や、このカトラリーの歴史などを話してくれ、「一生使えるものだからね」とも。惹かれたけれど、その時の私には高価に思ったし、たとえペアにしても、いったい誰と使うの?って思いとどまった。いつかのシャモニーで、買うようなタイミングがくれば。
01a084706e73b28dd4f237a267f4f88e322
 
 

2017年10月23日 (月)

なまら癖Xデナリ報告会@白馬

全国キャラバン中の「なまら癖Xデナリ報告会」。もともと、山梨の回しか行ける日付がなく予約してあったのだけれど、急きょ、先の土曜日の白馬の回にも行ってきた。
 
先日、スキーの仲間、友人達とNHKのテレビを観たばかりであったが、じつは本当のことを言うと、私はそのテレビ番組について、さほど心が動かなかった。facebookとかツィッターとかインスタグラムで、みんなこぞって「感動した」と言っていたので、なかなか言いにくかったけれど。
その自分の思考回路も、自分ではわかっているつもり。
やっぱり、これは本人たちの報告会に限るって思っていた。
 
大のオトナが、本気を出してトライする自分たちのための楽しみ。
それに、撮影隊(ガイドやカメラマン)たちが同行するのだから、その「巻き込む」チカラに感服する。
佐々木大輔さん、新井場隆雄、狩野恭一さんメンバー3人が勢揃いした回に行けてよかった。それぞれが語るデナリが聞けて、なまらの信頼関係の強さと、そしてそれぞれのメンタリティをつよく感じる時間だった。
加えて、ガイドとして参加していた地元在住の黒田誠さんのトークも。初めてスライド見せられて話をさせられる無茶ぶりだってコトだけれど、彼に限らずココ参加したガイド、カメラマンは優秀だから、ちっとも無茶ぶりではないと思う。
 
人が語ることは、その人の経験(この場合、登山の経験が中心ではあるけれど、それだけではなく人生経験すべて)、個性、人柄、その人の考え、その人がいかにそれ(登山)にコミットしているかがにじみ出てくるわけで、聞く側は4人分の色を味わう。
 
登山は結局のところ、個人的な行為だと思うし、しかしその個人的であるところに意味があり、時にそれが他者の心を動かしたり、また内容によっては歴史に残るものともなる。
だから、周囲が語るのではなく(私は書き手であるので、周囲からクライマーのことを語ることが多いのだが)、こうやって当人たちの声を聞くことは、やっぱり貴重な機会。
01b36a16adcd709ac47bdeb4e234897485f
 
 
 

都会の台風

友人の玄関先に鮭が届いた。
それを台所に運びながら、「一緒に食べたいよ。台風も来ているし、泊まっていったら」と。
鮭も温泉も昼ごはんも諦め、ヨガクラスだけ出て、白馬へ移動すると、「台風のなか、帰るの?」「今晩は、みんなでジンギスカン食べに行くんだよ」「いつでも泊まれるよ」と色んなところで。
友人宅で一緒になったガイドの友人と、「山は、同じ山域にあっても取り囲む地形によって風雨の影響がちがうね」、という話をしたり。土曜日、既に稜線では強風だった。
 
中央道よりも上信越・関越道の方がマシ、帰るならば今しかないという時刻に出発。
ジンパもみんなの思いやりもありがたかったけれど、いまはまだ40時間ぐらいしか留守にできない。48時間はアウト。
ものすごい降りの区間もあったけれど、だいたいいつも通りの所要時間で帰宅。
 
家に入ると、外の様子はなかなかわからない。時折換気扇から、強風の音が伝わってくるけれど。
テントだったらもっと自然は身近だし、山小屋でももう少しわかる。けれど鉄筋コンクリートの中に入ると、こうも静かなんだ。
 
朝起きて、河原のロードをジョギングして、川の増水の様子を知り、上流はまだ降っているから「警戒情報」」は解かれないんだなと思ったり。
こういう街にいると、自然がどんどん遠のいていって、肌で感じられなくなっていくのが嫌になる。
01e0d3db3b876f2b4238cffdbce0e41f60b

2017年10月20日 (金)

一年後に

「一年後に、またここで会おう」、というのはテレビドラマの世界に思うが、ちょうど一年後、「またあそこの店に行ってみない」と、友人を誘ってみた。
 
去年のいま頃、土曜の夜、初台のワインが並ぶ店で待ち合わせをしていた。私は山から下りてきた格好のままだったけれど、友人が山で出会った女性がやっているというので、ま、許されるだろうと。
待ち合わせの店に行く途中、幾つもの知らない番号から携帯が鳴り続けた。ほとんどが、マスコミからのもので、それによって、恩師の死を知った。
のちに友人が、「あれは天からの采配としか思えない」と言ったが、まさにそう。
彼女と一緒だったがために、私は足元がグラグラと崩れることなく、一夜を越すことができた。あの夜、ほかに誰と一緒にいたかったかと考えると、なにも浮かばない。
 
けっきょく、ひとつだけインタビューに答え、その原稿を読み、顔写真がほしいと言われそれを撮ってくれた方に使ってよいかと尋ね、そんな連絡をしたことしか思い出せない。
あとは、編集者でもある友人がインタビューのゲラを読んでくれたり。
私たちふたりは、なにを話していたのだろう。
とうぜん、電車はなくなり、店の閉店時間は過ぎ、どうやって帰ったのだったか。
 
一年後、同じ店を訪ねると、経営者の方針だということで、ワインではなく日本酒の旨い店になっていた。
自分の山登りについて、いったいいつまで話続けるんだろうっていうぐらい雄弁な彼女は、今日は休みだということだったが、閉店間際、店にやってきた。
そして、一年前のことを話すと、よく覚えていてくれた。
 
また来年、こんな夜をどこで過ごすのか。
どこかの山奥でもいいな。
Fbpa170010
 
 

2017年10月19日 (木)

季節の変わり目

山の帰り、どうしても眠たくて、美味しいコーヒーをテイクアウトしてドライブに備えようと、友人夫妻が営むコーヒーの店に立ち寄り。北アルプスの山並みがクリアに見えて、これはご褒美だわ!って思いながら、カウンターでコーヒーを1杯、テイクアウト用のコーヒーを容器に1杯、淹れてもらい、飲んでいると。
「ほんとうに、帰るの?」コールがあちこちから起こり……ついうっかりの沈殿。
みんなで美味しい秋の味覚を楽しんで、翌早朝、自宅に向けて早起きをすると、山はガスの中だった。昨日、眺めた稜線をまざまざと思い出した。
 
途次、そういえば去年の今ごろ、ここに滞在しながら体調を崩し、あちこちの友人達に病院に連れて行ってもらったり、看病してもらったりしたんだと思い出した。
つぎの滞在のときは、必ずお礼を言おう。
01ad9f2172a00a34bd6379b6c9e7847702c

2017年10月18日 (水)

Air port MTGs

空港や東京駅、新宿駅、あるいはちょっとところ変えて松本駅、大阪駅のような移動のハブとなるようなところは、双方のタイミングさえ合えば、仕事の打ち合わせや友人とのお喋りタイムに便利。
先日も、出国や帰国が重なって、二日にわたって成田と羽田へ向かった。
成田には、repackingのエリアがあり、なんて便利なんだろうと、ココで出国前の大作業。

日帰り出張から羽田に戻り、ちょうどフライト待ちの友達と会いお茶をしたら、「すげえ疲れた顔しているね。歳をとると、こうやって疲れは顔に出るのか」としげしげと言われた。「このところたいへんだったもんねえ」というねぎらいの言葉はあったものの、これはヤバイ、お喋りなどしている場合ではないと、とっとと家に帰って、湯船につかりぐっすり寝た。
こういうときの指摘は、同性の友人よりもオトコ友達の方が正直かもしれない。

疲れ顔……もし仕事先の方にそれを感じさせてしまっていたとしたら、それは大反省だ。
あったかい湯船につかって、しっかり睡眠をとって、疲れは取りましょう。
0148e4e29610cdb2ad31e12fe1e891052ab

「大切な人を守るための応急処置の基礎知識」@『fam』

子どもとアウトドアを楽しむお父さん向け雑誌『fam』(三才ブックス 1000円+税)に、「"知っていることがいちばん大事" 大切な人を守るための応急処置の基礎知識」を書いた。
子どもを持った経験もなければ、とーさんになったコトもない。果たしてそんなで記事書けるのか? と思いましたが、優秀なフリーの編集者さんに助けられた。
 
監修はWMAJ(ウィルダネス メディカル アソシエーツ ジャパン)代表理事の横堀勇さん。
WMAJの本部は、アメリカにあるWMA(ウィルダネス メディカル アソシエーツ)。一般市民からアウトドアガイド、軍隊など政府間組織など様々な人たちに野外における救急法および災害時における救急法を講習している団体。
そのプログラムは、野外医療や救急医療を専門とする医師たちによってつくられている。またWMAやWMAJでリードインストラクターになるには、トレーニングを積むのはもちろんのこと、その前提として医療従事者、アウトドアガイド、教育者としての3つのキャリアが必要。
今回、監修してくださった横堀さんも、カナダでパラメディックの経験を、カナダと日本で山岳ガイド、教育者としてのキャリアを積んできた方だ。
このようなキャリアを持つ方に監修してもらえることは貴重。
 
今回の記事は、野外救急法あるいは、救急法というものについてこれまで接してこなかった方でもわかるような内容を心がけており、通常WMAJで講習している野外・災害時救急法の内容を大幅に省略した記事となる。
WMAJでは、人間の生命がなぜ維持さるかというメカニズムから習い、傷病者の「観察」と「評価」を重々身に着け、そこから応急処置に入る。
この過程を理解するには、一定以上の時間をかけて受講しないと難しい。
 
それでも編集者と監修者の手腕もあり、アウトドアを愛好する人たちが必要とするトピックをなるべくわかりやすく取り上げるようにした。
キャンプ場で起こり得る傷病について、お父さん(親御さん、大人)がどうやって子どもたちを守ったらよいか、守れるか、対応できるか記事にしてある。
 
秋のアウトドア・ホリデーにお役立てください!
Fb_dsc0046

2017年10月17日 (火)

長崎県勤労者山岳連盟50周年

長崎県勤労者山岳連盟50周年にお招きいただき、仕事を通じて眺め出会ってきた山、登山について話をしてきた。
 
長崎は中学校2年生のときに、夜行列車に乗ってオーケストラの全国大会に行ったとき以来。今回は、飛行機でやむを得ず日帰り。
ANAのラジオでドリカムの「LAT.43゜N」を聞きながら到着した長崎空港は、N32`548。大村市にあった。
大学卒業してすぐに就職した会社の同期、原ちゃんの故郷。原ちゃんに会って、世の中にはこんなすんごい美人がいるのかと感激した。ひとつ上の先輩の池ちゃんも同じぐらい美人だった。私の中の超美人は、原ちゃんと池ちゃん。あんな綺麗な人はいないわ……なんてことを思いながら、市内行きのバスに乗り、車窓を流れる景色を眺めていた。
けれど、中学2年のときの訪問を、まったく思い出せない。ホールの舞台の様子やパート練習、ゲネプロと本番のことは覚えているけれど、街のこと、観光したはずの平和記念公園やグラバー邸のことは思い出せない。
 
あちこちの土地に講演で呼んでいただけるのはありがたく、なるべくその土地の山に登ってきたいと思っている。
講演をするだけの一方的な関係ではなく、色んな土地の山のことを知りたいし、そこに根を下ろして登っている方々とも交流したいと考えるからだ。
日本は広いし、自然環境も多様。それぞれの土地にそれぞれの山と登山がある。
今回の日帰りはやむを得なかったが、短い時間であっても、長崎で登山を続けている方々と言葉を交わせたことはとてもありがたかった。
 
長崎県労山の創立は1967年10月22日だという。私と同い年。この日付、同級生の誕生日だわなんて思ったけれど、人の50年と団体の50年はまた意味合いも道のりも違だろう。
長崎県労山では、毎夏、平和を祈願した登山をしており、原爆投下の際に避難した壕を巡る山歩きも企画されているそうだ。
会場では、こんなポスターも拝見。小西政継、今井通子、安川茂雄各氏。
小西さんは、エベレスト南西壁試登を終え、冬期グランドジョラス北壁を登った年。精悍な顔立ちの写真も展示されていた。
そしてこの3人のなかでさすがにお会いしたことのない安川茂雄さん、同業というのははばかれる大先輩であるけれど、彼の仕事ぶりをじかに聞く機会があったなんて、なんて貴重なんだろう。
22519662_10212873156037370_65571004
22528634_10212873155997369_67613654

2017年10月16日 (月)

山の仲間ーその3/黄葉の森

先日、山小屋の手伝いをしているとき、ひょんなことから女性二人組と話をした。
大きな荷物だったので、テント泊かなと思い、「テント場の受付をされますか?」と尋ねると、「上の岩小屋で寝るんで」と。なるほど。
そこからもう少しだけお喋りは続き、赤蜘蛛に登るということと、どこの県から来たかということまで(話の流れのなかでなぜか……)聞いた。
「明日ココに下りてきたときに、元気にジュースを飲めるぐらいでいたいなって思います」と笑いながら、登っていった。
ふたりが「桃のネクター」がどうのこうのって話しているも小耳に挟んだので、翌日はぜったいにネクター缶とジュース数種類は、冷やしておこうと、切れないようにって、気を付けていた。
 
翌日の昼ごろ、勝手口近くで仕事をしていたら、ふたりが通りかかった。思わず、「お帰りなさい」と笑顔で手を振ったら、「登れなかったんです」と。ああ、今日は青空ではあったが、風が強かったからなにかたいへんだったのかもしれないと思うと、本人たちの理由だったようだ。
それでも笑顔であり、登りの時の楽しそうな声と相まって、仲のよい山仲間が、自分たちの実力を出し切らなければならないルートにやってきて、ちょっとしたなにかが理由で登れなかったけれど、それでもいい時間を過ごしたのだろう、きっとまた登りに来るのだろうなって想像した。勝手な想像だけれど、結果がどうであれ、自分たちで積み重ねてきたとういう登山こそが満たされるのだろうと。
 
小屋の前で一休みしたあと彼女たちは下山していった。その30分後ぐらいに私も下山を開始した。登山道上にクマが出たという誤報(とあとで知る)があったため、ひとりで下るのは気が引けており(ちょっと前に、早月尾根でクマと至近距離で会ったばかりだったし)、なんとか彼女たちに追いつけないかなあと少し思っていた。けれど足並みそろった二人に追いつくのは難しいだろうと諦めてもいた。
ところが、あっけなく追いついた。小屋から30分も下らないうちに、屏風岩の鞍部で休んでいたのだ。変わらず、ふたりでお喋りしている様子が、仲睦まじくほほえましかった。
 
下山後、駐車場にある「おじろ」のおばちゃんのところへ行くと、いつものようにそこに集う人たちとお喋りが始まった。
おばちゃんが、昨日からあるクルマの室内灯が付いていて、バッテリが上がってしまっているのではないかと話し始めた。すると、そこにいた人たちの中にはクルマに詳しい人達もいて、該当するクルマがどの程度のバッテリィを積んでいるかも想像ができ、これは動かない可能性が高い、と口をそろえて言い出した。
ナンバーを聞いて、それは赤蜘蛛の女性二人組のクルマに違いないと、私は思った。
平日で停車台数も少ないから、だいたいの見当がつく。まずまちがいない。
 
あの、笑顔のふたりのことを思うと、心配になった。あんまりに楽しそうに見えたから、途中でビバークでもして、もう1泊この山を楽しむ気ではなだろうか、とすら思った。
おばちゃん達に二人の話をすると、みなも心配し始めた。
きっと笑いながら下りてくるだろうに……クルマが動かないなんてことがあったら。
さいわい、ブースターケーブルを持っている人がいたので、下山を待っていよういうことになった。私が下りてきたのが16時前。その話をしたときは既に17時を回っており、いまからJAFを呼んでも暗くなってしまうだろうから、と。おばちゃんも、「おじろ」の店を開けておいてくれるという。なんて優しい人たちなんだと思いながら、もちろん私も一緒に待っていることにした。
 
「おじろ」の閉店時間は過ぎていたけれど、17時半を回った頃、ふたりが下りてきた。駆け寄って、事情を話すと、慌ててキーを取り出し、エンジンをかけた。
すると無事、エンジンはかかった。ああよかった、取り越し苦労だった。
 
私が、(下山も遅かったし)「あんまり楽しそうに笑っていたから、もう一晩どこかでビバークして紅葉の山で遊んでくるつもりなんじゃないかって、思っていたんです」というと、そんなことはないと。
「まだか、まだかってブーブー言いながら下っていたんですよ」と言うのを聞いて、ハッとした。
それはそうだ。登れなかったんだから、楽しいだけのわけがない、悔しいはずだ。
あんまりに二人が毎回笑顔を向けてくれたので、私はすっかり本人たちの気持ちに思い至っていなかった。
 
楽しそうに登っていく二人を見て、やっぱり仲間との登山はいいな、登れることも登れないこともあるし、スマートにいかないことだって多々ある。けれどやっぱりいいなと思った。
そして思いがけず、ふたりの下山を待つことになり、こんなにも晴れて綺麗な秋の色に染まった黒戸尾根であるけれど、人はそれぞれ色んな思いで下山しているのだなあと、それは気持ちいいとか楽しいとかだけではないという、極々当たり前のことを思い出すことができて、よかったなあと思った。
22310140_10212845813033812_26492734

2017年10月12日 (木)

山の仲間-その2

山に一緒に登る相手、パートナーのこと、登山を一緒に続けてきた友人のことを、「山の仲間」と自然に呼んできた。
 
ここ数年、『現代用語の基礎知識』の「登山」の項目を担当している。これは、現代の登山に関連するニュースを読み解くための言葉、登山の基本や本質を理解するための言葉、いま流行っている登山に関する言葉を集めたものだ。
数年前には「山ガール」という言葉も載せたぐらいだから、「山トモ」を載せてもよかったのかもしれない(今年の分は先日校了したが)、と先日、ふと思った。
 
最近では、登山を通じて知り合った人のことを「山の友達」、略して「山トモ」と呼ぶ。
しかし、私は「山トモ」という言葉を使ったことがない。
なんとなく軽々しく感じ、私にはしっくりこない。しかしその理由を深く考えたことはなかった。
 
先日、山小屋で山岳雑誌のバックナンバーを読んでいた。早く到着して、のんびりしていたときだ。
第一特集は、雪山登山の指南だった。そのなかに、雪山に登るための心構えのようなことを書いたページがあった。仕事の仲間が書いた文章だったが、真摯な素晴らしい内容だったので、帰宅後読み直したかったのだが、ウチの本棚にそのバックナンバーはなかった……処分してしまったのだろうか、がっくり。
 
とくに、山の仲間について言及した部分が印象的だった。大概のものはお金で買える、いい装備、適切な装備も用意した方がよい。身体作りも必要、技術も経験も必要。そしてさらに大切なのが、「山の仲間」だという話。
山の仲間は苦楽を共にし、相手の命を預かる相手。万が一のときは、相手を助けることができるだけの体力と技術を用意したいと。それが相手への敬意であり、山の仲間の務めであるという意味だと思う。
そうやって作り上げた関係性は、一生の宝物であり、時を経ても色あせることはないというようなことも述べていて、また「友情や友達なんていう甘ったるい言葉では表しきれない」「仲間」という言葉が合っている、というようなことを書いていた。いま手元にバックナンバーがなく、正確に記せないのだが。
 
友情という言葉が甘ったるいかどうかは、人により感じ方は違うし、友情にも色んな側面があると思う。
しかし、たしかに「仲間」という言葉がぴったりである。
仲間同士には、同じ目標をもって互いに尊重し合い、努力することに加え、友情もある。
そして、山の仲間は山を続けていくうえで不可欠であり、とても大切な存在だ。ほかには代えがたい。
 
雑誌を読んだ翌日、私は早月小屋を出発し、ひとりで早月尾根を辿った。
山頂に至るその瞬間に、「やっぱりこの山は、ひとりで来る山ではなかったな。仲間と来るべき山だった」と、仲間と共に登った時間を思い出した。最も大切だった仲間を失ったばかりだから、とくにそんなことを考えたのかもしれない。
それは、正直な気持ちであり、そして前日に読んだ記事を思い出しもした。
 
言葉は生きていて、時代と共に変わりゆく。
だから、「山トモ」というのはいまの時代に合った言葉なのかもしれないし、山で知り合った友人という意味だけであり、それはまだ「仲間」まで成熟してない関係なのかもしれない。
しかしやっぱり、私のなかには、「山トモ」という言葉は、ないなあ。
21992821_10212731889625798_63061568
 

2017年10月 6日 (金)

人生はシンプル

「先生」と呼ばれる職業が幾つかあり、その習慣があまり好きではないのは、「先生」と呼ばれる職業だった亡父が、心の底ではそれを嫌っていたからかもしれない。
なにかの職業が特別だとは思わないし、それぞれの職業にそれぞれの特徴があり、そしてそれぞれが自分の職業に誇りを持ちたい。後者は、高校時代からの友人がずっとずっと前に吐いたセリフ。
 
そんな「先生」と呼ばれる職業のひとつ、医師と話す機会が、この1週間ほど続いている。
医業のぜったい的特徴は、命を取り扱う、人間の身体を取り扱う現場だということだろうか。
 
初めて会ったふたり(医師と患者家族)が、いきなり本題に入って、今後の治療法や先行きについて話す。ビジネスの先行きにも命がかかっていることはあるだろうが、生身のからだとまさに生命に関わる話を、いきなり本音でズバズバと。
「理解が早いですが、医療従事者ですか?」と聞かれ、「いいえ」と答えたが、いまどきこれだけ情報があり、自分も病気をしたことがあれば、私のようにときどき医療について書く仕事をしなくても、話が通じるのは早いのではないかと思う。
 
手術室の扉が開き、やがて今度は、医師と立ち話。手術結果や今後のこと、そこには私の身の振り方も関係してくる。短い会話のなかに、その医師の人となりがうかがえ、こちらも普段あまり人に見せない顔を見せる。
 
こんなやり取りはインタビューとも似ているかなと思ったり。
 
そんななか、仕事で知り合った救命医と話す機会があった。
「いのちの終わらせ方って難しいですね」と言うと、「そう複雑なもんでもないことの方が多いのですけどねぇ」と。誰もがみないつか人生を終えるわけで、きちんと話ができていれば大概は望む形がわかってくるものだと。ただ、彼がいる現場のように、時間がそれを許さないときは、いささか大変」と。
「いささか大変」って言葉を使っていた。
 
なるほど、人生って、シンプルかもしれない。
Fb_dsc0286
 

2017年10月 4日 (水)

インタビューの涙

やっと、インタビューのテープ起こしを終えた。ちょっと時間をかけすぎてしまった。
インタビューを聴き直して、そのインタビューが満足いくものだったことは、あまりない。
なんで、ココをもっと聞かなかったのだろう、突っ込んで話さなかったのだろうという点が幾つもある。
状況が許せば、聞きなおすこともあるけれど、それがかなわないことだって多い。
 
何年も前、ある山岳ガイドをインタビューしていたとき。
この先、このまま話を進めたら、共通の友人の死にたどり着き、きっと彼も私も泣いてしまうと予感した。その手前で、私は話題を変えた。
その時は、インタビュイーの気持ちや思いを理解したと感じて、これ以上この話をする必要はないな、と区切ったのだった。
けれど、テープ起こしされた文章を読み、愕然とした。私はちっとも彼のことをわかっていないではないか、と。
理解したつもりになっていたのは、勘違いであり、その場面の重圧感に耐えられなくなって逃げだしたようなものだったのだと、振り返って気づいた。
 
今回のインタビューでは、ずっと泣きそうだった。
あるひとつの登攀記録を聞きにいったのに、まさかそんな話になるとは予想だにせず。
彼も涙が流れそうだっただろうけれど、私もこらえるのが必死だった。
まったく涙もろい私が、よくも2時間耐えたと、我ながら褒めたい思いで、喫茶店を後にした。
 
しかしそれでも、テープ起こしを終えると、もっと突っ込んでいくべきだったと思う点がある。テープ起こしは、半ば第三者的に聞くことができるから、そう思えるのかもしれない。
 
ところで、インタビュー中に泣いてしまってもよいのだろうか。
プライベートではかなり涙もろい私だが、インタビュー中に泣くのは、ルール違反のように思え、必死にこらえる。こらえきれずともこらえる。
016870b3be92ad700929cc3ca1cb2dfa035

2017年10月 3日 (火)

ホンモノ

先日、編集者が10年も前にロクスノに書いた記事をたとえに出して、「あの時の記事を覚えているんですよね、ああいうトーンがいいなあと思うんです」と。
なんだっけ?と思いながら、メールに書いてあったバックナンバーを本棚から取り出して読み直してみた。
 
故新井裕己さんが、不帰Ⅰ峰北壁を初滑降したときのもの。
当時の担当でもなかった編集者が、この記事を覚えてくれていたのはありがたいし、
現在進行中の仕事について「あの時の記事のように」という意図もわかる。
だがしかし、読み直してみて、あんまりの文章の酷さに驚いた。
 
これをインタビューしたのはどこだっただろうか。
当時彼がよくいた白馬村だったか、あるいは東大のキャンパスに停めていた軽自動車の脇だったか。思い出せない。
そんなにたくさんの接点があったわけではなく、最後の記憶は葬儀と五竜がよく望める温泉宿でご家族も交えて一晩中、友人知人仲間たちでどんちゃん騒ぎしたときのことだ。
いまアライユーキが生きていたら、どんな風になっていたのかと思うし、周囲はどんな風に彼を囲んでいたのかと思う。
 
まったくひどい文章にがっくりきたけれど、そこに書かれている人がホンモノであれば、ちっとも色あせない。というか、時代がやっと彼に追いついてきたような感すらある。
普遍であり、新鮮であり、心に響く。
おまけに、この記事を大切に保管してくれている人がいることも知り、ありがたかった。
 
 次にいただいたありがたい仕事は、もう少しマシな文章で描けるよう努力しよう。
 
018ebd03a1638f4d476c7d2df6dcb75070d

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターやテントむし山旅プロジェクトbyAdventureDivasのガイドなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。内容など、ご相談の上、実施したいと思います。

Magazines