« 素敵なクリスマスプレゼント | トップページ | 面白facebook »

2017年1月 4日 (水)

感想聞かせてください

先日、北アルプスのふもとの村にある登山道具店でテレマークスキーの板とビンディングを買った。
春先に山をご一緒した方から、「山で使うビンディングは、別のものを使った方がよい」とアドバイスをもらっていた。登高器のあるビンディングの方が、いまどきの硬いプラブーツの場合、シール歩行がしやすいということだった。登高器については、私の周囲では賛否両論ある。けれど、シールで登っていてターンを切るときに苦労するのは事実であり、一度使ってみようと思ったのだ。
いま気に入っている板にはそのまま、ロッテフェラのビンディングをつけておきたいので、山で使いやすい板も新調することに。これについても、私の実力をよくよく知っている友人達に相談したところ、様々な答えが返ってきた。結局のところ、「山を滑る」ということについて、どのようにとらえているか、それ次第なのかなあと思った。

店頭であれこれブツブツ独り言をつぶやくように悩んで、ある板を手に取ると、違う2本の板を勧められた。そのあとまた、財布と相談しながら悩み続けていると、しまいにはコーヒーを出してくれた。「まあ、これでも飲んでください」と。
神田にある店構えは狭くとも奥行きのある在庫いっぱいのスキー屋さんは、店に入るなり椅子を差し出し(在庫で店は所せましなので、幼稚園にあるような小さな椅子)、コーヒーが運ばれてくる。こちらは、「話すコト」にも主眼を置いた店だけれど、白馬のこちらはそんなコトもないだろうし、第一連休の夕方は、店は混んでいた。
この日のうちに板まで決められないと思いながらも、結局は決めてしまい、ビンディングの取り付けを頼んで、店を出た。
その後受け取りに行くと、店長さんが「滑ったら、ぜひ感想も聞かせてくださいね」と。
私のような素人の感想を聞いても、何ら役に立たないだろうに、なんて嬉しいことを言ってくれるのだろうと思った。ましてやこの村には、プロもプロ級も大勢住んでいるのだから、道具のフィードバックなんてたくさんもらえるはずだ。けれど彼のセリフは、そういうコトではないのだと思う。
道具を新調する嬉しさとか、それを使うドキドキ感とか、道具に馴染んでいく過程とか、その後のスキーや山のコトとか、そういったことを思い計ってくれるって、とても嬉しい。

正月休みの最後、ゲレンデで新しい道具を使ってみた。硬いバーンが続くゲレンデで、「今までの板よりも幅があるから、もう少し柔らかい雪のときの方が乗りやすいかもね」と言われながらも、いきなり山で使うのも心配なので、使ってみた。
K2はしばらくぶりだったけれど、そうだこんな乗り心地だったんだと思い出しながら、滑っていると、一緒に滑った友人からも「素直に、自然にターンしているよ」と言われた。使いやすい道具だったんだな。これで、山にも持っていけるかな。
15626144_10210231246031271_12457090

« 素敵なクリスマスプレゼント | トップページ | 面白facebook »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540701/64718419

この記事へのトラックバック一覧です: 感想聞かせてください:

« 素敵なクリスマスプレゼント | トップページ | 面白facebook »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターやテントむし山旅プロジェクトbyAdventureDivasのガイドなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。内容など、ご相談の上、実施したいと思います。

Magazines