« 里帰り | トップページ | ポレンタあちこち »

2016年11月 2日 (水)

時間の約束

これぞヒマラヤの秋、というような素晴らしいマウンテンフライトで、カトマンズに入ったのが一昨日。あの山、この山と眺めながら、この秋に友人が登った山も、機窓からは小さくしか見えない山並みのどこかにあるんだろうな、と目をこらしてみた。

一日だけでも会えてよかったと、入れ違いで帰国する友人を見送ってから、もうひとりの友人と、「昼ご飯でも一緒に食べましょうか」と約束。
のんびりテンポのカトマンズだからこそ、ゆっくりと話ができるというもの。東京に帰ったら、忙殺の日々、なかなか会うこともできない。
「倉庫に入って、登山道具の整理をしてくるね」という友人と、「ホテルに戻って、チェックアウトしてくる」という私。
つい間違ったコトを言ってしまった。「何時ごろに、待ち合わせる?」と。
友人は、「カトマンズで時間を聞かれてもねえ」とうなった。

もっともだ。互いの用事を済ませて、ココに戻ってくればよいだけの話である。

 

1日にやるべきことは、ひとつだけ。1日に入れる約束もひとつだけ。これが、カトマンズでのマイルールだった。それ以上よくばっても、ぜったいうまくいかない。郷に入れば郷に従え。その土地のテンポに合わせるのだ。

けれど近年、カトマンズもちょいと忙しい街になり、私たち旅行者がふつうの持っているツールも変わり(Wi-Fiを拾えるスマホだったり、現地のシムが入った携帯電話だったり)、なんだか、慌ただしく過ごすようになってしまった。
それで、ついつい「何時にする?」とせかすようなセリフをはいてしまったのだ。野暮なことだ。

けっきょく、この場に戻ってきたのは、私がいちばん遅く、友人は何も言わずに待っていてくれた。

ティハールでほとんどの店が閉まっているので、ホテルのレストランへ。ここもスタッフが出払っているので、「注文しても、時間がかかる」と言われながら、結局はいつもと同じぐらいだけ待って、ダルバートを。
ちょっと忙しい街に変わったけれど、でもやっぱりカトマンズで話すことは、なんだかほのぼのしていて、いつもより冗談も多くなり、笑いもたくさん。
そしてじつはリアル。互いのそれぞれの核心をついていたりする。

Fbpa310013



« 里帰り | トップページ | ポレンタあちこち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540701/64433307

この記事へのトラックバック一覧です: 時間の約束:

« 里帰り | トップページ | ポレンタあちこち »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターやテントむし山旅プロジェクトbyAdventureDivasのガイドなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。内容など、ご相談の上、実施したいと思います。

Magazines