« ポレンタ、その続き | トップページ | 『現代用語の基礎知識2017』【登山】執筆 »

2016年11月13日 (日)

いつも訪ねるところ

何度も訪れる街であっても、知らないことばかり。
だから、カトマンズに住む人たち(ネパール人、日本人を含む外国人)と話をするのは、面白い。
今回の滞在中にどこに行っても話題になったのが、カトマンズでのキリスト教の広まり、現政権の堕落、物価の上昇だ。

最終日に、20年来お世話になっているH.トラチャンのお宅へ行った。
毎回というわけにはいかないのだけれど、時間が許す限り、カトマンズを訪れた際には、会いに行く。お世話になりっぱなしなので、「元気にやっています」という姿を見せにいくのが、私の気持ちなのだけれど、いつもなにがしかの知恵や知識、勇気を授けてくれる。
今回は、話の流れで、自分の身の上話をすることになったら、「あら、そんなプライベートをもっていたの、知らなかったわよ」と、笑いながら言われた。そういえば、20年お付き合いしていても、自分の私生活を語ったことはなかったかもしれない。
そんなことがあると、彼女の家族の話も話題にあがり、長女が帰国して、ネパールで仕事を始めたことを知ることができ、なんだか嬉しかった。

旅の最中にわからなかったことや、疑問に思ったこと、不思議に思ったことがあると、大概私は、H.トラチャンに話す。そうすると彼女は、それについて解説してくれる。
今回は、宗教の話がとても興味深かった。
なにかの専門家というわけではないけれど、ひとつのことにしっかりと根を張っている人は、そのフレームをもって、物事を語ることができるんだなあと思った。

そんな彼女の家からホテルに帰るタクシーのなかで、めずらしことがあった。
たまたまつかまえたタクシーが、こぎれいな車内と身なりが清潔な運転手さんで、これはラッキーと思ったところ、道中色んな話ができたのだ。夕方の渋滞もあり、ホテルまで30分ぐらいかかる中、ネパール人と日本人の味覚の違い、幸せとは何ぞや、ということなど。互いに母語ではない英語で話すので、そう深くは話せないのだけれど、とても面白く、あっという間だった。
こんな出来事もなんだか、H.トラチャンがプレゼントしてくれた時間のように思えたりする。

Fb_dsc0007

 

« ポレンタ、その続き | トップページ | 『現代用語の基礎知識2017』【登山】執筆 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540701/64473234

この記事へのトラックバック一覧です: いつも訪ねるところ:

« ポレンタ、その続き | トップページ | 『現代用語の基礎知識2017』【登山】執筆 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターやテントむし山旅プロジェクトbyAdventureDivasのガイドなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。内容など、ご相談の上、実施したいと思います。

Magazines