« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月29日 (木)

トレイルランナー/サンゲ・シェルパのトークライブ開催!

9/27に「さかいやスポーツ」にて、UTMF総合9位のトレイルランナー、サンゲ・シェルパをお招きしてトークライブを開催し、私はインタビュアーを務めさせてもらった。
サンゲはその名の通りシェルパ族。東ネパールのタプレジュンという村から(ここまではバスが通じる)4-6時間山道を歩いた先にある山村トゥキマで生まれ育った。いまは、パリから電車で2時間の街に住んでいる。


トークライブでは、今年のレースの様子、サンゲがどのようにしてトレイルランニングと出会い、いまのようなトップ選手になっていったか、そして故郷ネパールでの生活やフランスに渡るまでのことを話してもらった。


村では、小学校は片道
5キロ、中学校は10キロかけて通っていた。モンスーンになると川が増水し危険で、通えない日もあった。こんな道のりを歩いたことや、学校から帰ったあとに家の手伝いをしていたこと(ゾプキョの放牧や沢への水汲みなど)が、トレイルランナーとしての身体を作る基盤となったのかもしれない、と話していた。

フランスに渡った現在、どんな食生活やトレーニングをしているのか、という会場からの質問には、「週に3回はネパール料理を自分で作って食べる。日常のトレーニングはしないが、年間のレーススケジュールを立てて、その年の目標のレースに向けて、いくつか練習となるようなレースを組んでいく」と。

ネパール料理とは、ダルバートやモモなど。サンゲは「なるべく米を主食としている」と強調していた。パンやパスタ(小麦粉)ではない、ということだろう。

生まれ育った時の食事が、やっぱり一番合っているのかもしれない。


ところでサンゲは、姉妹
5人と男の子ひとりだったため、早くから家を継ぐことを言われ、お見合いでお嫁さんをもらわなければならなかった。けれど、一生山村で暮らすことはできない、もっと世界をみたいと、カトマンズへ飛び出ていく。

そして、トレッキングポーターの仕事をしながら、お客様からフランス語を学ぶ。

先のFacebookで紹介したように音楽が得意だったり、またタンカ(仏画)を描いたりするが、タンカは小さなときからゴンパ(チベット仏教の寺)で観ていて興味があり、カトマンズに出た時に工房を見つけて、手法を習ったそうだ。いまではサンゲの描くタンカは、売り物にもなっている。

フランス語は、やがて学校にも通うようになり、そこで奨学金を得て、フランスへ渡る。

サンゲは、「僕が学校に通えたのは親のおかげ。ネパールでは教育を受けられない人も多く、それは親の考え方や経済状態次第」という。けれど、その恵まれた環境を活かして、一所懸命学んだのはサンゲ自身でもある。


「若いころに故郷を出て、いまはフランスで暮らしている(フランスで結婚し、子ども2人の4人家族)。失業率も高い異国で仕事を得て暮らしていくのは大変なこともたくさんある。けれどいまだからこそ、故郷に恩返しができる」と、「カンチェンジュンガ協会」を立ち」上げた。

カンチェンジュンガとは、サンゲの村からもよく見える8586mの秀峰だ。

協会では、村の小学校に文具やコンピューターを送ったり、壊れたトイレを直したりした。昨年の地震で校舎の修繕も必要となったので、この先はそれも行っていきたいと話していた。「自然条件の厳しい山村で生活していくには、互いに助け合うのが当たり前だった。だからいまは遠くフランスで暮らしているけれど、生まれ育った村のために尽力するのは当然」と話していた。


私は、
UTMFから東京へと約3日間をサンゲと一緒に過ごした。思いやりがありチャーミングな人柄で、私の心までが温かくなった。

昨日サンゲが、シャルルドゴールの空港に着き電車の待ち時間に「もうすでに、みんなのことが恋しいよ、日本が恋しいよ」とメッセージをくれたが、私も振り返ると、あの3日間が、ほわんとしたとっても優しい時間だったと思い出される。それはやっぱりサンゲの人としての魅力によるもの。


こういった品格や知性というのは、いったいどうやって人は身に着けるのだろう。学校に通うことはできた、といえどもネパールはいまでも最貧国のひとつである。けっして十分な教育を受けたとはいいがたい。育った環境もとても厳しいものだった。けれど、そんなことは人を形作るのに関係がないのだと思う。

サンゲと友情を深め、今年はAdventure Divasの招待選手としたポーリン+ハリー夫妻には、ほんとうに感謝したい。

トークライブ中の写真が手元にないので、サンゲを囲んだスタッフの写真を載せます。

ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。

*サンゲの奏でる笛は、ココココで聴くことができます。

 
Fbimgp2992

 

2016年9月26日 (月)

湿っぽい朝

遠方日帰り仕事のため、5時半ごろ家を出て、駅に向かって歩き始めた。
昨日のからっとした空気がうそのように、湿気に帯び、ぬる温かい朝だった。
乾いた秋がやってくるかと思ったけれど、今朝は気温も上がっていて、季節が逆戻りしたような、秋が戸惑いをみせてまだやってきてくれないような、そんな感じ。

大通りを歩きながら、旅先の街のことを思い出した。
旅先について思い出すのは、たいがい、その季節に旅したことがあるからだ。
そういえば、こんな季節のときに、こんな肌触りの風が吹くときに、こんな空模様のときに、気温のときに、旅に出発したようなあ、と。

しかし今日は違った。私の住む東京の端っこにある街が、中国四川省の省都である成都に似ているなあと思ったのだ。湿潤といえば聞こえはいいが、一年を通してじめっとしていて、あの肌にまとわりつくような空気が、今朝の大通りにはあった。世界規模で気候変動があるのだから、そんなことがあってもおかしくはないが。

そんなことを考えながら駅に到着。
そして新幹線に乗っところで、近所に住むクライマーさんからお便りがひとつ。
「今朝は、川面から濃い霧があがっていて幻想的でした」と。そうか、この空気感は川面からやってきたものだったのか。であれば、川に囲まれた成都と似ているのも合点。

私の住む街は、大きな2本の川が海に注がれるところにある。
成都に海はないけれど、川に囲まれた土地という点では、共通するものがあったんだな。
初めて四川へ旅して13年も経って、ようやく気付いた。

 

追記*
そんな風に四川を思い出した日にかぎって、成都に住む親しい友人からWeChatが入った。中国の友人はLINEでもMessengerでもなく、WeChat。
私も知り合いの日本のクライマーふたりが、チベットの未踏峰を登り終えたあと、成都に戻ってきたと、彼らの写真入りで、「みんな元気だよ」と。
まるでもわっとした空気が伝わってきそうな、写真だった。
写真は不思議だな。平面的な画像なのだけれど、その場の熱気(自然環境も、そこに写っている人が持っている熱量も)まで伝わってくる。しかしそれも、ひょっとしたら写真を見る個人が持っている過去の体験がベースにあり、そこから湧き上がってくる感覚なのかもしれない。


そういえば、9月の成都はまだまだ蒸し暑くて、だから友人兄弟は毎晩のように、「今晩はカエル鍋だ」「今晩もカエルを食べに行こう」と、私を誘い出していた。
辛いだけでなく味わい深く痺れもある四川風の真っ赤な鍋に、カエルがにょきにょきと浮いている。たしかに美味しいのだけれど、毎晩食べるのは、ちょっとくたびれた。

2016年9月25日 (日)

サンゲ・シェルパに会ってきました@UTMF

Adventure Divasの招待選手であるサンゲ・シェルパに会いに、ウルトラトレイル・マウントフジの会場へ。ところがサンゲが出走したUTMFが荒天により、約165キロのコースが49キロに短縮され、私が会場に到着する前に(とっくに)ゴール。しかし、UTMF参加者が希望すれば、STY(71キロ)の出走もできるということになり、サンゲも「ふたつもレースに出られるなんて、幸せだよ!」と今日昼過ぎ、笑顔でふたつめのレースに旅立っていった。

 バケツをひっくり返したような雨と雷のなかのスタートを応援にいき、その後、AVIDの方々にお世話になって、A7山中湖きららのエイドステーションに入った。結局、STYも荒天が理由で中止になり、トップ選手をはじめサンゲも、A7で足を留められることに。思いがけなく、サンゲのゴールを迎えることができた。

 

短い時間だったけれど、エイドステーションの豚汁をすすりながら、雨で冷え切ったからだをストーブで温めながら、クルマで宿に戻るなか、サンゲと話をした。

 東ネパールに生まれ育ったこと、フランスへ渡ったこと、なぜトレイルランニングに惹きこまれたか、その原体験、故郷への思いなど。

サンゲはある日本の登山家が好きなのだそう。だから、日本に来るとその登山家のことを思い出すと。その話ぶりに、彼の優しさがにじみ出ていた。

 

927日のサンゲのトークライブでは、ネパールこと、フランスのこと、サンゲがライフワークとしている「カンチェンジュンガ基金」(故郷の小学校に教材を送るプロジェクト)のことなどなど、語ってもらいます。もちろん、トレイルランニングや山、自然への思いも。

 

皆がいうように、ほんとうに気持ちいい人でした。朗らかで、前向き。周囲の人たちへの思いやりにあふれていて、いつも笑っている。

 今回の度重なるレース変更についても、「スタッフたちは重大な決断をするのに、ものすごくたいへんな思いをしたはず。人員配置も予算も何もかも変更しながら、僕たちランナーを走らせるために、がんばってくれた。とってもありがたい」と話していた。

 ポジティブで生命力あふれていて、力強いサンゲはものすごく優しい心の持ち主でした。ぜひ、サンゲの話を聞きにきてください!

 


9
27日火曜日  20:00 受付 (20:15 開場) ~ 22:00 終了 

 神田神保町・さかいやスポーツ シューズ館  http://www.sakaiya.com/wp/shopinfo

 参加費: 1,000円 (税込)

インタビュアー: 柏澄子

サンゲ・シェルパ

  https://www.facebook.com/Sange-Sherpa-456633117866822/

 http://www.adventure-divas.com/tours-events/avid/サンゲのページ/

 https://www.youtube.com/watch?v=S_CuxYe-4z

 

トークライブの詳細

 http://www.adventure-divas.com 

 ↑こちらのトップページから「TOURS&EVENT」→「テント泊講習会」→「9/27都内講習会(番外編)へと進んでください。

 

AVID

http://www.avid-adventures.com

 

写真は、A7に入ってきたばかりのサンゲ。

このあと宿に戻る途中、雨があがりやっと富士山が山頂までうっすらと見えてきました。頂きに雪が載っていて、サンゲはクルマのなかから思わず声をあげて喜んでいました!

今朝は、秋空にくっきりと富士山が見渡せるはず。レース中は嵐、嵐だったけれど、この風景を見て、きっと喜んでいると思います。

Fbb_dsc0053  

2016年9月19日 (月)

ネットと宅配便

ネットと宅配便の環境さえ整えば、どこでも仕事ができると言われて久しいが、ほんとうだ。時間や場所を越えたスピード感が生まれる。

フェイスブックで友人が「このジムにいるから登りにおいでよ」と。「ウチから遠いから、今日は無理だよ」と返すと、別の友人が同じクライミングジムへちょうど登りに行き、面識のなかったふたりがあっという間に知り合う。まあ、これは仕事とは関係ないが、スピード感はある。
 
先日ご一緒した小説家さんの作品を、失礼ながら読んだことがなかったので、ある大型サイトで注文してみた。直木賞作家となれば、いくらでも在庫は画面に並ぶ。パーティの席が隣になり、色々お話したところ、興味深かいことが多々あったので、ぜひともと何冊か選んだ。古本で申し訳ないけれど。

たしかに注文したのは本日午前のはずなのに、すでに2冊がポストに届いた。
こんなスピード感には、置いてきぼりをくらうこともある。
これではもう、原稿を切り上げて、夕ご飯でも食べながら読み始めなければならない。
ひょっとしたら、今日は湯船に入りながらも読んで、ベッドにも持ち込んで、夜更かしになるかもしれない。そんなことを考えると、もう仕事も手に着かなくなる。

Fb_dsc0001

2016年9月18日 (日)

夏のテントむし山旅プロジェクト

Adventure Divasのテントむし山旅プロジェクト、夏の企画が一通り終わりました。
秋は、ロングトレイルなどが中心になります。

夏の企画のなかで、私が担当(+出席)した分について、以下にレポートしました。
よかったら、ご覧ください。

▲登山編▲

 
13528515_10208654020401616_75988664 
13584922_10208654018681573_75023565 
 
 
13925671_10208880818271421_68613858 
13680286_10208880818591429_49798947 
 
 
9/3-6 白峰三山
14225537_10209192331499057_37991223 
14231268_10209192328298977_32229334 
 
▲街の机上編▲
7/5 テントむし山旅講習会@神田・さかいや
13590264_1072546442833166_406863824 
 
13559190_10208685556269993_75862066 
13631655_1075046309249846_874868908 
 
秋のテントむしも、また来年の春以降のテントむしも、どうぞよろしくお願いいたします!
詳細・最新情報は、
コチラ

台所飲み

先日、マッキーと真理さんちに泊まりに行った。
行く前からマッキーは、「真理さんちは、台所の脇で飲む感じで、なんだか落ち着く雰囲気なんだよ」と繰り返し、言っていた。
NZの旅を共にした仲なので、ちょうどウチにあったNZワインをもっていこうと、「ソーヴェニオンブラウンとピノノワール、どっちがいい?」とメッセンジャーを入れると、「ピノかな」「ピノだね」とふたりから返信が。夏が終わって、秋になった。
マッキーが言うように、台所のすぐ脇に置かれたダイニングのテーブルを囲んで、3人で話をしながら飲んだり食べたりするのは、とてもリラックスできる時間だった。

クールな女性たちというのは、「台所飲み」なのだろうか。香代ちゃんのところは、自宅に行っても、アトリエに行っても、食べたり飲んだりするのは、台所に置かれたテーブルで、だ。食事をしながら、互いに交代で料理して、次の皿を作り……これも落ち着く時間だ。

松本での仕事の最後に、ともこさんちに寄った。家族みんなと猫2匹の顔をみにいくために。「子どもたちの食事が終わったから、残り物だけれど、ワンプレート作ったよ」と、ありがたい連絡が入った。
ダイニングのテーブルの前に座って、息子たちのお絵かきや宿題を眺めて、ふと台所に目をやると、流しの前に立つともこさんの後姿が。やっぱり、台所とテーブルが近いっていいな。

私の住む部屋は、先日友人の大工が大きくリノベしてくれたけれど、台所やダイニング回りは、いわゆるマンションによくあるパターンで、狭い台所にテーブルなど持ち込めない。というか、廊下のような台所にはそんなスペースはまったくない。
台所にテーブルを置けるって、昭和の住宅かな。「サザエさん」のお家のような。私の実家もそんなつくりだった。

Fbp9120013

2016年9月16日 (金)

中秋の名月

夜空の下で、星もよいが月を眺めるのには、格別な気持ちがおこる。
星は、見上げる土地によって見えるものが違うけれど、月は地球上のどこにいても同じように、満ち欠けていく。
だから、月を見上げるといつも、遠く離れたところにいる友人や親しい人たちを思い出す。
同じ夜に、同じ月、眺めているかなあと。
 
中国にも、月を愛でるいろんな習わしがあるそうだが、なかでも中秋の名月は、家族や恋人など近しい人達と月を鑑賞する日だという。15年近く前のことであるが、9~10月にチベット人女性たちと一緒にチベットの山に登っていた時があった。中秋の名月の日、中国人のスタッフが、「家族と離れてずっと山の中で登山をしているから、こういうときぐらい家族のことを思い出そう。寂しい気持ちもあるでしょう」と月餅をふるまってくれた。
 
昨晩、いつもいつもお世話になっている方の喜寿を祝う会に出席したあと、数人の友達と、近くのバルに入った。なんだかここのところ、毎晩飲み歩いているなあと思いながらも、スペインのワインを酌み交わし、話も尽きないまま、日付が変わった頃にようやくあきらめて店を出た。
雨がちだった空は、すっきりと漆黒に澄みわたっていて、満ち満ちた月が、この地を照らしていた。その慈愛に満ちた光が、まったく彼女の思いやりのようだった。
 
帰宅すると、幼馴染からメールが入っていた。私の実家の庭のススキを5本ほどもらったと。お月見のために活けたススキの写真も送ってくれたが、まだ少し青かった。彼女の話だと、ほかにもウチの庭のススキを刈り取っていった人がいるようで、そんな形跡があったと。
実家のあたりは、朧月夜だったというが、みなが月を眺めることができたのなら、よかったなあと思う。
私も月を仰ぎながら、距離は離れてしまっても心は近くにある人たちのことを思い出した。

2016年9月 7日 (水)

泊り客

「よく彼女は、泊まりに来てくれたものなあ」「きっと私のことが心配でならなかったんだと思う」と、亡くなった友人について話した女性がいた。
その彼女のウチに先日泊まりに行った帰り際、「友達が遊びに来てくれるからこそ、ウチがあるのだから、また来てね」と言った。来月も泊まりに行く約束になっているし、居心地よい彼女の家には、また再訪したいと、きっと私だけでなく、多くの人が思っているはずだ。

夕べ、久しぶりの友人が我が家に泊まりに来た。いつものように、「東京で仕事があるんだけれど、泊めてくれる?」とLINEが入った。
そういえば、年が明けてから冬のあいだは、頻繁に泊まりに来ていた。東京で仕事があるんだというけれど、大概の場合、宿は用意してもらえるはずだから、それこそ私のことを気にかけてくれていたんだと思っている。
先日会ったとき、「もう疲れちゃったよ」と愚痴ったから、今回もまた同じか。

そうは言っても、来たら来たで、自分のことを延々と夜中まで話続けるのには変わりもなく。けれど、それがまた、こちらを元気にしてくれたり。
もちつもたれつ。

今回は下山し1週間ぶりに自宅に戻った日で、食材も何もなく、大したコトもできなかったので、また帰ってきたら、泊まりに来てもらおう。
こうやって、いろんな友人が訪ねてきてくれるのは、嬉しく、やっぱり私を元気にしてくれて、ありがたい。

Fb_dsc0001

2016年9月 6日 (火)

ネパール人トレイルランナー、サンゲ・シェルパ来日+トークライブ

ネパールにある秀峰カンチェンジュンガの麓タプレジュン出身のトレイルランナー、サンゲ・シェルパ(現在はフランス在住)が、UTMF(ULTRA-TRAIL Mt. FUJI)出走のために今年も来日します!

アドベンチャーディバズでは、彼をお招きして下記のとおりトークライブ開催。
9月27日火曜日20:00受付、~22:00終了
東京・神保町 さかいやスポーツ シューズ館 にて
参加費1,000円、インタビュアー:柏澄子

タプレジュン辺りは、ちょっとだけ旅をしたことがあります。それよりもじつは、カンチェンジュンガ山群を挟んで反対側にあるダージリンによく訪れていました。かつての英国植民地、現在インド領のここもまた、シェルパの里です。ここからもカンチェンジュンガが、ほんとうに美しく望めます。
サンゲには、トレイルランニングのことやフランスでの生活、UTMFなどのレースについてお聞きするほか、母国ネパールについて、タプレジュンでの生活、シェルパという民族について、また彼がライフワークとしている「カンチェンジュンガ協会」の活動についても話してもらいたいと考えています。
私は大役果たせるか心配でなりませんが、サンゲに惚れこんで、今年もサンゲにUTMFを走ってもらいたい、日本のトレイルランナーや登山が好きな人たち、ネパールに興味のある皆さんと交流してもらいたいと強く思い、サンゲを招聘した北村ポーリン(
Pauline Kitamura)+小原ハリー(小原 久典 (Hisanori Harry Ohara))夫妻が、この日を盛り上げてくれます。
トレイルランニング、ネパール、カンチェンジュンガ、タプレジュン、シェルパ、これらのキーワドどれでも心に引っかかる方は、ぜひお越しください!
 
詳細・お申込みは、以下へ。
http://www.adventure-divas.com/tours-events/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88%E6%B3%8A%E8%AC%9B%E7%BF%92%E4%BC%9A/9-27-%E9%83%BD%E5%86%85%E8%AC%9B%E7%BF%92-%E7%95%AA%E5%A4%96%E7%B7%A8/

2016年9月 1日 (木)

映画『MERU』、内覧試写へ

メルーという山が、インドのガンゴトリ山群にある。
メルー氷河の源頭に位置し、その名はサンスクリット語の「スメール」に由来すると言われている。日本語に訳せば「須弥山」。
 
春先だっただろうか。あるクライマーを描く映画を構想中だという二人組が、訪ねてきた。
そのクライマーについて知っていることを教えてほしいと。多くの人を紹介したりもした。
話の後半に、「アメリカで公開された
『MERU』という映画をご存知ですか? 買いつけてきたんですけれど」と、その女性は言った。
観たことはなくとも、もちろん知っていた。山岳映画とは玉石激しく、これまで観た山岳映画でよいと思ったのは、邦題でいうところの『死のクレバス』ぐらいだった。原題は『Touching the Void』。
しかし、ほかならぬ馬目弘仁さん12年かけて4回も通い続けたメルー主峰シャークスフィンの登攀を描いた映画であり、そして、3回目のきっかけを作った(と私は思っている)黒田誠さんが、「いい映画だった」と話していたのを覚えていたので、とても興味をもった。
一方で、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人がチームを組んで作った映画であるということも、知っていた。だからこそ本音を言えば、この3人が作った映画だからこそ、観るのが怖いとも思っていた。万が一、心に響かない作品になっていたらどうしようと。それほど、山岳映画というのは、難しいと思う。
けれど、信頼する馬目さんと黒田さんが関わるのであれば、ここは期待しようと思った。

とても興味があるので、なんでも協力するということになった。
東京での内覧試写を見逃し、馬目さんの住む松本でやることになった第2回の試写へ行ってきた。
これにもエピソードはある。馬目さんのインタビューを終えて、いよいよ黒田さんらほかのサミッターにもインタビューしたいから、もう一度頼んでくれと、配給元の彼女から連絡があった。当初から快諾してくれていたので、私から再度頼まなくても大丈夫だと思いながらも、一応メールを入れておいた。そしたら、すぐに彼女から折り返しの連絡があった。
「松本で試写できる会場を抑えました」と。かねてから、馬目さんが住み、ほかにもクライマーが集まりやすい松本では試写会をやりたいと話してはいたが、ほかのサミッターへのインタビューよりも先に、試写会場を抑えてしまうとは。
つくづく、映画を、『MERU』を愛しているだなあと思わされた。
 
急な日程だったので、連絡を受けた北岳山頂から、私も関係者に連絡を続けた結果、運よく馬目さんはもちろん、馬目さんと一緒に登った黒田さんと花谷泰広さんが来てくれることになった。
ほかにも、メディアやクライマーなどが集まった。
 
会場で彼ら3人のコメントを聞き、そして試写後に3人と長い時間を使って話す機会を得て、メルーという山は、それぞれの人生を形作るワンピースなのだと思った。
公開前の映画の内容はそう多くは書くまい。
けれど、2度にわたってシャークスフィンに臨むコンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークは、それぞれかっこよかった。かっこいいというのは、陳腐な言葉だけれど、ものすごくかっこよかった。彼らにとって、クライミングは人生そのものであり、そして人生をかけて貫き通す価値のある行為であることを、教えてくれた。
また感謝すべきことに、クライミングの本質、エッセンスが、まっとうに随所に描かれていた。
 
今後、この映画について、どんどん書いていきたいと思います。
日本語の字幕を載せた『MERU』は、いよいよ大晦日に日本全国で公開!
今朝いただいた連絡では、邦題は『MERU/メルー』に決まったそうです。

 
facebookにもエントリー記事を書きました。


14125614_10209126555054687_58870675
 
14107622_10209132072592622_52938338
©2015 Meru Films LLC All Rights Reserved.

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターやテントむし山旅プロジェクトbyAdventureDivasのガイドなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。内容など、ご相談の上、実施したいと思います。

Magazines