« 7-8月のテントむし山旅プロジェクト | トップページ | インナーシーツ »

2016年7月24日 (日)

旅のレッスン

先月のフランス、イタリアの旅。
登山に入る前に、パリに住む大学山岳部の先輩宅に遊びに行った。
同時期に在学することはなかった少し歳の離れた先輩であるけれど、時折いろんな面で助けてもらってきた方だ。


旅の最中にいろんなことを知ったり、学んだり、身に着けたり、発見することは多々ある。
というか、それを「旅」というのだろう。
今回の旅の本題である「登山」に関しては、ここでは触れずにおいておき。
それ以外のことで、私は、パリの先輩である玄さんにたくさんのことを教えてもらった。
パリでは、マルモッタン、ルーブル美術館、ヴェルサイユ宮殿、古本市や山岳書専門の古本屋、それにパリのあちこちの街角を、玄さんのおかげで、楽しい話を聞きながら見学できた。
美術館では、ジャーナリズムの原点が表れている絵画、時代によって子供がどう描かれているか、それぞれの作家の個性や素顔、教会と画家の関係、いずれもヨーロッパ史に結びつくストーリーがあり、興味深かった。

玄さんに導いてもらったおかげで、その後マルティニでピカソを観たときも、フランスやイタリアの山麓にある小さな教会を見て歩いたときも、少しだけ目の前のものをかみ砕いて見学できた。
それはまるで、私の旅のはじまりに、レッスンしてくれたみたいだった。
 
またあるシャモニーでの夜。
地ビールとムール貝がセット価格になったメニューを見つけ、ふたりでテラス席に入った。大好きなムール貝を目の前にして、意気揚々と食べ始めると、玄さんがすぐに一言。
「スミちゃん、だめだよ、それは。ムール貝はこーやって食べるの」と、見本を見せてくれた。
スプーン代わりに使うムール貝の選び方、貝身の取り出し方、山のように盛られたボールいっぱいのムール貝をどの順番で食べるか、ボールのなかのムール貝をどのように整理していくか。
フランスの各地方によってそれぞれ、ムール貝の調理法や味付けに違いがあることも、教えてくれた。

そして最後に、先輩はひとこと。
「今度は、ほかの友達と一緒にムール貝を食べて、ええ? 知らないんですか? ムール貝ってこうやって食べるんですよ、と言ってやれ」といたずら声で笑った。


13667824_10208718168725284_64096705

« 7-8月のテントむし山旅プロジェクト | トップページ | インナーシーツ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540701/63962250

この記事へのトラックバック一覧です: 旅のレッスン:

« 7-8月のテントむし山旅プロジェクト | トップページ | インナーシーツ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターやテントむし山旅プロジェクトbyAdventureDivasのガイドなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。内容など、ご相談の上、実施したいと思います。

Magazines