« ランタン谷に | トップページ | 山岳ガイドの死 »

2016年6月16日 (木)

栗秋正寿さんインタビュー@『山と溪谷』

『山と溪谷』7月号(6月15日発売)に、栗秋正寿さんのインタビューを載せました。

誤解がないようにすると、困難性の高い登山をしている人たちを否定しているわけではもちろんなく、いかにそれを克服するか試みる彼らの足取りを知ることは、とても興味深いです。しかし、クライミングのグレードや“〇〇のいちばん”とかいうような数字やタイトルにとらわれ過ぎると、登山の本質を見失うことになりかねないでしょうか。

記事に書いた通り、栗秋さんの登山は、自分で選び自分の手で作り上げた時間のなかにあり、しかもそこには誰も経験していない世界へと自分自身を推し進めていく勇敢な姿もあります。肝心なことは、第三者の視線ではなく自分自身が求めているものに向かっているということであり、だからこそ栗秋さんは、とっても豊かな人なんだなあと思うのです。きっと、登山が大好きな人なんです。

今回は、アラスカの親友から手渡され携帯していたSPOTを使い、救助要請をしたことなどについて触れています。
遠藤甲太さんによる渡辺斉さんのインタビュー記事から、心揺さぶる言葉を引用させていただきました。

またこの記事は、一昨年の黒田誠さん、増本亮さんと栗秋さんの座談会(『山と溪谷』に4号に渡って掲載)があってこそのものでした。
関係した皆さんに、お礼申し上げます。

そして、GW明けに福岡の栗秋邸におじゃまし、6時間以上話した内容は、またいつかどこかに書きたいと思うし、話が尽きないままフライトの時間がギリギリに迫り、帰り際「じゃ、また来ますんで」と自然と口にした自分に、あとで気づきました。

Fb055

SPOTとレスキューヘリにピックアップされたときに着ていた高所服ととりあえず持ち帰ったシンプルなザック

Fb027_4

毎回持っていく日記帳。字詰行詰ビチビチで書かれてあり、本人も読解困難

Fb044

デナリ国立公園を訪問する子どもたち向けのパンフレット。日の丸を自分の名にちなんで栗にした旗が、タルキートナのレンジャーステーションにあり、ここに彼の登山の記録が書き込まれている。

« ランタン谷に | トップページ | 山岳ガイドの死 »

コメント

お読みいただき、また感想も寄せていただき、ありがとうございます。
栗秋さんのことは、この先も書き続けたいし、書き続けなればならないと思っています。

登山の原点を感じられる記事で興味深く読みました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540701/63785065

この記事へのトラックバック一覧です: 栗秋正寿さんインタビュー@『山と溪谷』:

« ランタン谷に | トップページ | 山岳ガイドの死 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターやテントむし山旅プロジェクトbyAdventureDivasのガイドなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。内容など、ご相談の上、実施したいと思います。

Magazines