« 2015年 | トップページ | 『山と溪谷』2月号-ヒマラヤキャンプ »

2016年1月12日 (火)

昔の手紙

部屋を片付けていたら、押し入れの奥から一通の手紙が出てきた。
懐かしい筆跡のエアメール。
私宛のものではないけれど、「追伸」とあり、そこには「すみちゃん、元気ですか」から始まる一文があった。

先輩でもなくて、でも仲間というには、あまりに与えてもらったものばかりで、何もお返しできなかった、大好きな山の友だち。
「冬か春には帰ります。スキーツアーへ行きましょう。日本の山はやっぱり美しい……」とあるけれど、友だちがNZから戻ってきたあと、いったい何回一緒にスキーにクライミングに行けたのか、覚えていない。

消印は1995年10月4日。私よりふたつ年上なので、彼が30歳のときのものだ。
会社を辞めて、ヨーロッパアルプス、ヨセミテ、NZの雪や岩を渡り歩いていた最中だ。

そこに書いてある内容は、いま読み返しても、とても大人びている。
そして、とても穏やかな語り口調だ。

意訳になるけれど、自分が何を好きなのか、どのくらい好きなのか、何をやりたいのか、どれぐらいやりたいのか、自分自身のことは、わかっているつもりでもわからないことが多々ある。それは、行動してみて初めて実感するものであり、だから、これだけ山にひたる1年間を過ごしてよかったと思っている、というようなことが書いてあるのだと、思う。

手紙はいいなあ。時を超えて、ふたたび語りかけてくれる。
39歳で山で亡くなり、記憶のなかの友だちの姿は39歳のときのままだけれど、でもいまでもやっぱり私よりも年上で、与えてくれることばかりのよう。

Fb019

« 2015年 | トップページ | 『山と溪谷』2月号-ヒマラヤキャンプ »

コメント

和民ひとりのみだったかあ。
晴ちゃんの命日、あと一ヵ月ぐらいだね。
何度読み返しても泣けてくる手紙、ものすごく優しい。
宝物、いっつも机の上に置いてある。
時効だから、こんど見せるね。

西宮、いってらしゃーい!

明日打合せが大阪だと思っ確認したら、西宮だった。
セイスケさん思い出して検索しちゃいました。

絵葉書 字がニョロニョロで数行
読みたくなりました

俺も引っ張り出してみよ


静岡駅 和民 1人のみ25:28

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔の手紙:

« 2015年 | トップページ | 『山と溪谷』2月号-ヒマラヤキャンプ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。2019年6~11月のガイドカレンダーをお送りします。ほか、オーダーメイドも承っておりますので行き先や内容など、ご相談ください。

Magazines