« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月10日 (土)

レトロタイルのビルに住む彼女

ちょうど9月1日から、かれこれ7.8回通ったのでは。
かなり短時間で探さざるをえなくなり、偶然見つけたところが、ここでよかった。
毎回、静脈注射には数分かかり、その間の彼女との会話がなんとも味わい深い。

自身の専門において、患者である私に接するものの、そこから出てくるエピソードやちょっとした言葉の端端に、人生のふり幅の大きさと、人間性の深さを感じる。
待合室にあったある記事を見て納得。旅好きとお見受け。

アンデスの高地民族が、低圧低酸素で暮らすなかで自然と身に付けた、ヘモグロビンを増やす食生活。たんに鉄分を多くとればよいのではなく、鉄分を吸収しやすくするために、どんな食材を選んでいるのか、という話。
「だからといって、あなたが○○ばかり食べているわけにいかないでしょう。だからこの錠剤を出しておくわね」。なんて言葉に、ものすごいかわいらしさを感じる。

またある時は、私が時々旅してきた土地について、実際にそこではどんな暮らしが展開されているのか、どのような政治であるのか質問があった。そんなこと、これほど知性と好奇心がある彼女が知らないわけがない。
けれど、おそらく旅するなかで、その土地に立ち、人々と触れ合うなかで見聞したことを聞きたいのだろうと思い、いくつかのエピソードを話した。あくまでも、それは私が聞きかじった極々小さな破片だけれど。

すると、同じような境遇にあるお隣の土地の女性たちが、どんな健康問題を抱えているか、話してくれた。そこには現代の社会のひずみや政治的問題がある。

これぞプロだと思ったのは、最初の短い会話から、私の日常生活や仕事を察し、私に合った治療方法を提案してくれたこと。そしてそれについて、「1日、自分で考えていらっしゃったら」、と時間を与えてくれたこと。
じつに合理的であり、かつ心遣いがある。
なんてこと、私よりも長く生きて、多くの経験を蓄積してきた彼女に対して、未熟なままの私が言うのは失礼なのだけれど。

こういう風に、これまでの人生で経験し培ってきたことを、温め、育て、味わいのあるものにしていける人は、ほんとうに美しいなあ、豊かだなあと思ったのだ。

登山もクライミングも、スキーもなにもかも、同じ。

次にお会いするのは、少し先になるけれど、それがとても楽しみだったりする。

 

Fb003



2015年10月 4日 (日)

プロフィール

いつから、著者や筆者(あるいは写真家もかもしれない)のプロフィールを、本人に書かせるようになったのだろう。これは、編集者の怠慢だと思うし、悪しき習慣だとも思う。

書籍に載せる著者のプロフィールは編集者が、雑誌記事に載せる筆者のプロフィールも編集者が、インタビュー記事の場合、インタビュイーのプロフィールはインタビュアーが書くのが、常識ではないだろうか。
というか、それぐらい書かないでどうする。他人(ましてや本人)の手に渡していいのか? とすら思う。

プロフィールは、編集者やインタビュアーから著者や筆者、インタビュイーへの手紙のようなものだ。履歴を並び連ねる場合であっても、そこには取捨選択があるし、言葉遣いもある。だからときには、熱烈ラブレターにもなる。

書くときは、大概、既出のプロフィールを一通り読むだろう。けれど、既出の切り貼りはもってのほか。

随分前になるが、小さな新聞に載せたインタビュー記事のプロフィールについて、悩んだことがあった。「○○の活動に関わる、携わる、○○の活動をリードする」などの表記はすでにあったが、そうではない、と思っていたのだ。そのインタビュイーは、その活動に携わるというようなレベルではなかったのだ。
考えに考えて、「挺身」という言葉を思いついた。「○○の活動に挺身する」だ。

挺身は、類語辞典で引くと、「身を投げ出して一所懸命努力すること」。例文は「社会活動に挺身する」とあった。まさに身を挺して、活動に関わり続けていた彼には合致する言葉だと思った。

こんな風にプロフィールを考える、作文するというのは、作り手の特権、醍醐味のはず。こんな作業をやすやす本人に渡してはならない。

だから、自分の執筆記事に対して「プロフィール、書いてくださいね」と言われると、けっこうがっかりくるし、インタビュイーの方から「プロフィール、書きましょうか」なんて言われてしまうと、それは親切心だろうけれど、ちょっぴり悲しくなったりする。
もちろん、インタビュイーに言われた場合は、丁重にお断りし、自分の手に戻すのだが。

プロフィールを書く時間は、相手に思いを馳せる。これも、大切な時間なのではないかと思う。

Fb002


« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。2019年6~11月のガイドカレンダーをお送りします。ほか、オーダーメイドも承っておりますので行き先や内容など、ご相談ください。

Magazines