« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年8月

2013年8月15日 (木)

『山と溪谷』9月号 加藤直之さんインタビュー

『山と溪谷』9月号(8/12発売)の連載「山岳ガイドという生き方」は、オージ(王子)こと加藤直之さんです。

加藤さんは日頃の会話のなかでもよく、「本質」という言葉を使います。無論その意味はわかるのだけれど、加藤さん自身の言葉で噛み砕いてもらいたいと、今回のインタビューではそのあたりも突っ込んでみました(できれば、ディテールはweb版もお待ちいただきたい)。
本質を見極め、ぶれずに進むその姿勢は、彼がアラスカ大学に留学し、フェアバンクスで生活していたときの、小さなキャビンで暮...
らしていた時期に形成されたと、私は思っています。
厳しい自然環境のなかであえて選んだライフスタイル。日々の勉強。週末ごとにデルタ山脈に分け入り登っていた時間。アラスカ山脈での登山。そういったものが、彼を内省させたのだと。

今回インタビューして得た印象は、北米育ちらしいダイナミックな気質と、勇介くんの言葉を借りれば)日本の岳人魂を併せ持った方。登山の歴史書が大好きだそうで、日本と世界の登攀史にもとても詳しかったです。

加藤さんと初めてお会いしたのは、前々回のSteave House来日の際。インタビューの通訳を務めてくださり、城ヶ崎にご一緒したりしました。
それから何年も経ったある10月下旬。5日間にわたるWilderness First Aid by SlipStreamの講習の最後の晩、水上のスキーヤーズベッドで血眼になって試験勉強をしてるところに現れました。なんて、フットワークの軽い人なんだろう、というのが再会の時の印象。

それから、加藤さんが北米やヒマラヤなどでどいうった登山やスノーボードによる山岳滑降をしてきたのか、その一端を聞きかじり、彼のコトを全くノーマークだった自分がライターとして大失敗したな、と思いました。
じつは、ガイド業だけでなく、そんな加藤さん自身の山のことも、もっとお聞きしたいです。

*加藤直之さんのガイド仕事に関するインタビュー。『山と溪谷』に載せた記事に加筆した長編を、以下のサイトに掲載してあります。

本質を見つめ続け、人間同士が交わえるガイドをしたい ~ 加藤直之

晩夏から初秋のテントむし山旅プロジェクト

8月下旬から9月のテントむし山旅プロジェクトのご紹介をします!

ココにも書いた通り、Adventure Divasの「テントむし山旅プロジェクト」は、Adventure Divas代表のポーリンとハリーさん、そしてそこに私が参加して、丁寧に作り上げてきたプログラムです!
みんなに山登りの楽しさ、テントを背負って山を歩くと広がる自由な世界を知ってもらいたいと思っています。
ご関心ある方、ぜひお問い合わせくださいね。


8/24-25 尾瀬
尾瀬のど真ん中にテントを張って一晩を過ごす、贅沢な旅です。
2日目は至仏山に登ります。
尾瀬はヒツジグサ(写真)の季節です。
*日付が迫っているので、ソッコーお問い合わせを!

Fbp8210063


8/30 東京銀座
テントむし説明会!
テントむし、テント山行に関心のある方、お集まりくださ~い!
テント登山のコト、あれもこれもご紹介します。


9/14-16 甲斐駒+仙丈
北沢峠にテントを張って、甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳を登ります。南アルプスの名峰をいっぺんに味わい尽くします。ベースキャンプ型なので、テントを背負っては歩きません。

Cymera_20130808_082305


« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。2019年6~11月のガイドカレンダーをお送りします。ほか、オーダーメイドも承っておりますので行き先や内容など、ご相談ください。

Magazines