« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月15日 (金)

『山と溪谷』4月号 花谷泰広さんインタビュー

連載「山岳ガイドという生き方」@ヤマケイ4月号は、花谷泰広さんです。
愛称は花ちゃん、またの名を親分。年上にも親分と呼ばれちゃうような方です。

昨秋のキャシャール南ピラー初登攀により、ピオレドールにノミネートされ、またパタゴニアアンバサダーにもなりました。
自身のクライミングをプッシュすることと、ガイドとしてのステップアップ、仕事を両輪で動かしている、稀有なガイドさんだと思います。

...
彼に初めて会ったのは、10年近く前。共通の友人の家でした。
私がクライミングから戻り、廊下でギアを整理しているところにやってきました。
なんでも、近々引っ越すのだと。その理由は、より雑音が少ないところで暮らし、クライミングに集中するためだと言っていたのが印象的でした。記憶の糸をたどり、シャークスフィンでケガをしたあとかと思っていたら、前だったと、本人が回想していました。
その頃から、自分の本分を理解し、自分のやりたいことに集中できる人(=セルフマネジメントできる人)だったんですね。

なんでもヤマケイには、このインタビュー以外にもご本人が小さく登場している箇所があるらしいです。
私も探してみます!

*花谷泰広さんのインタビューは、『山と溪谷』に掲載したものに加筆した長編を、以下でお読みいただけます。
“分厚い登山経験”の中から人間性を高める ~ 花谷 泰広

2013年3月10日 (日)

ジャンボさん「パタゴニアを登る~スカイラインに夢を託して~」

ジャンボさんの「パタゴニアを登る~スカイラインに夢を託して~」@パタゴニア福岡へ行ってきました!ジャンボさんに「で、なんでいるの?」と驚かれましたが、行ってよかった。
あっというまの2時間。ジャンボさんの話にみんなが惹きこまれました。

「山の人は、スピーチが下手、努力も足りん」と、よく他業界から言われ弁解の余地もありませんが、今回はすっごくよかった!内容は、これからの人もいると思うので控えますが、彼がきっちり丁寧に準備してくれたからです。

バハトリップ友人のサクちゃんとも再会でき、福岡ストアの皆さんや地元クライマーさん達とも語り合い、ホテル帰還は夜中2時半でした……!


そして、合間を縫って福岡のアウトドアショップもアチコチ回ってみました。
店が充実している街で、なかなか全部回れなかったことが悔やまれます……。

Fb005 Fb010 Fb011

2013年3月 5日 (火)

MJリンク韓国トレッキング参加者募集中!

2009年に田部井淳子さんが呼びかけ人となって始めたMJリンク。
今年、韓国・済州島トレッキングを企画しています。

【日程】
2013年5月24日(金)~26日(日)

【主な行先】 
韓国最高峰・漢拏山(ハルラサン1950m)、済州島海岸沿いの「オレル」トレッキング(スペインの巡礼の道に魅せられた韓国人女性が拓いたトレイル)など

【参加費】
118,000円(燃料サーチャージ等別途)

【同行】
2日目の漢拏山には、田部井淳子さんも参加
全日程参加するのは、サポーターの恩田真砂美+柏澄子

詳細は
ココをご覧ください!

Mj 訪れるのはこんなところです

Photo012 漢拏山は独立峰 (C)Saiyu Travel Co.,Ltd.

Photo05 ツツジの季節です!(C)Saiyu Travel Co.,Ltd.

Photo オレルの海岸トレイル(C)Saiyu Travel Co.,Ltd.

2013年3月 4日 (月)

キナバルとGORE-TEX®Caféの打ち合わせ

夕方から、新橋のウェックトレックへ。
キナバルのための打ち合わせ。
今回の旅に同行してくれる添乗員でありスーパーアシスタントガイドの中島ケンロウさんと、キナバルはもとより世界中の山々を歩いてきたツワモノガイドの稲村ミコさんと3人で。

そもそも、もっと若い人達を世界のいろんなトレイルに連れ出したい、それぞれの文化背景があり自然環境もあり、いろんな魅力のある各国の山々をもっとたくさん歩いてほしいと、若い女性を主たる対象とした海外ツアーを提案していこうと発案したのは、ほかならぬ稲村さんだった。

ヨセミテの下見などいくつかのステップがあり、今回のキナバルツアーに。

今回の参加者は11人。多彩な顔ぶれとなり、とっても楽しみです!

その後、ケンロウさんとは、4月のGORE-TEX®Caféの打ち合わせも。
ケンロウ出演のGORE-TEX®Caféの詳細は
コチラ

旅行会社勤務、登山ガイドという肩書の人はほかに多数いるけれど、彼の仕事は実にユニーク。
海外トレッキング・登山ツアーの添乗・ガイドのほか、登山家とクライミングパートナーになり、8000m峰でカメラを回したり、TVバラエティ番組でマッターホルンやアコンカグア、キリマンジャロなどに登る芸人さんのコーチやガイドを務めたり、年齢を重ねても夢に挑戦し続ける冒険家の登山をサポートしたり。
はたまた、画家さんとヒマラヤの山麓を歩き回ったり。
そんな仕事から見えてきた、山々の話を語ってもらいます。

また、ケンロウさん個人が惹かれている山の世界についても、トクトクと語ってもらいます。
たとえば、なにゆえに毎週のように冬壁に向かうのか。夏になると、どうやら毎週末たき火をしては岩に登っているようだけれど、それはどんな世界なのか?など。

ケンロウファンの方々、どうぞお越しください!
Img_4654_r

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。2019年6~11月のガイドカレンダーをお送りします。ほか、オーダーメイドも承っておりますので行き先や内容など、ご相談ください。

Magazines