« 山岳ガイド・廣田勇介さん@ヤマケイ12月号 | トップページ | 国内営業、本日にて終了 »

2012年12月15日 (土)

山岳ガイド・佐々木大輔さんインタビュー@『山と溪谷』13年1月号

『山と溪谷』1月号(12/15発売)の連載「山岳ガイドという生き方」③は、佐々木大輔さんです!
いつも、このエントリー、ご本人たちに断らず、かってに書かせていただいています。
(スミマセン、みなさん。お許しを)

大輔さんに初めて会ったのは、ヤマケイがまだ芝大門にあった頃。当時スキー雑誌にいた松井茂さんが、紹介してくれました。

 

北米だったかどこかのビッグマウンテンスキーの大会に出場したあと、成田から編集部に直行したと。
初対面の印象は、首が太い人だなあ。きっとこういうスキーをするには首は太くなければならないんだな、とか、のちにマウイの友子さんも言っていたけれど「ガキ大将」みたいなやんちゃな人だなあ……というところ。

その時初めて、ビックマウンテンスキーの大会について知り、採点方法とかコースのことなどを聞いて、ぶったまげたものです。

数週間後に、ヌタプカウシペのいまはなきキトピロ・ラーメンをすすっているところに遭遇したので、「今日山で見かけたら写真撮っていいですか?」と聞くと、「撮れるんだったらね」と。
ロープウェイ下りてすぐだったら撮れるかと思っていたけれど、そんなの甘かったです。
あっという間に姿が見えなくなり。

大輔さんは、数年前から、プロスキーヤーから山岳ガイドに軸足を移していると思います。
そして、彼の能力、人柄、そして努力がともなって、いまは日本の山岳ガイドの中でもリーダー的存在になってきているのではないでしょうか。

本誌の限られた紙幅のなかでは、昨夏のシャモニトレーニング、大輔さんが考える山岳ガイドの役目などについて書きました。

ポートレート写真は、いつもの通り山本智さん。
山本さんの写真は、本当に不思議です。

山本さんは毎回インタビューに同行して、私のつたない仕切りのなか話をずっと聞いてくれています。
おそらく彼にとっては初対面の相手ばかりだろうに、その人の内面を本当によく見抜いて切り取ってくれるのです。

滑降シーンの写真は、小橋城さん
小橋さんの写真を使わせていただくのは初めてだけれど、見せていただいた作品はどれも素晴らしくため息でした。
小さいサイズでしか掲載できなかったことが残念。

のちの、webサイトでもぜひ掲載させてもらおうと思っています。

写真は、いまは幻となったキトピロラーメン。大輔さんも美味しそうに食べていました。
ちなみに、人物は、今回のインタビューとは関係ありません。

*佐々木大輔さんのインタビューは、『山と溪谷』掲載記事に加筆した長編を、下記に載せてあります。
多くの人と、楽しみを共有したい。日本のガイド社会を成長させていきたい。 ~ 佐々木 大輔 

050225

« 山岳ガイド・廣田勇介さん@ヤマケイ12月号 | トップページ | 国内営業、本日にて終了 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 山岳ガイド・廣田勇介さん@ヤマケイ12月号 | トップページ | 国内営業、本日にて終了 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。2019年6~11月のガイドカレンダーをお送りします。ほか、オーダーメイドも承っておりますので行き先や内容など、ご相談ください。

Magazines