« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

MJリンク雪の北八ヶ岳下見Day2

朝、布団から起き出して、部屋の窓から外を見ると、雪がものすごいスピードで落ちていく。
湿った重たい雪が、天から降ってきているのだ。
窓から眺めているだけで、気が滅入るような重たい雪だとわかる。

朝ごはんをいただいたあと、今日は稜線通しに歩くのは止めて、白駒池経由にすることにした。
当初の予定は稜線通しだったけれど、昨日も今日も稜線通しとなると、2日間のコースにあまり変化をつけられないから。
展望がほしければ、高見石に上がった時に見られるし、天気さえよければ1日目は展望は抜群のはずなので、今日は池と森を巡るコースを選んでもよいだろう。

最初からトレースがほとんどなかったので、スノーシューをつけることにした。
白駒池に着いたけれど、雪は降り続き、池の向こうを見渡すことはできなかった。
せめて、来月の本番の日は、ここで青空と一面の白く雪に埋まった池を望むことができればいいなあと思う。

高見石からの下りに入ると、ほんとうにまったくトレースが消えてしまった。
賽の河原付近はガスっていたし、左手の斜面に不安定に雪が載ったら雪崩のリスクもあるだろうし、なんだかいやらしかった。

渋の湯で、初めてお湯に入って、バスに乗って茅野駅へ。
いつも立ち寄る寒天のレストランは、雪の日だからと20%オフにしてくれた。
ありがたく、豆乳鍋をいただく。

120229mugikusahutteasagohan ←麦草ヒュッテの朝ごはん丁寧な温かい味

120229leaf 120229seitaiso

2012年2月28日 (火)

MJリンク雪の北八ヶ岳下見Day1

来月に実施するMJリンク雪の北八ヶ岳の下見へ。
当日同じように、麦草ヒュッテに一泊して2日間かけて行なうことにした。
初日の天気はとってもよく、随所からあちこちの山を眺めることができた。
浅間山も上越の山も、南アルプスも北アルプスも、そして八ヶ岳連峰も。

麦草ヒュッテへの下りは、雪が硬く締まっていて、キックステップで降りていくのがちょうどよいぐらい。
当日、こんなコンディションだったら、それはそれはいい練習になるなあという状態だった。

ヒュッテに着いたあと、まだまだ時間もあったので、ビーコンサーチ+プロービングの練習にいそしんだ。
先日教わった、ボックスを作る作業を丁寧にやることを心がける。
しかし、三度、プローブに支障が。
こんなに頻繁に壊れることがあるのか、それとも私の使い方に大いなる問題があるのか。
自分で分解して直したら、元に戻ったけれど、もう一度輸入元に詳しく聞いてみようかと思う。

夜ご飯はサバの味噌煮(写真)。味噌のような発酵食品は、消化するときに産生される熱量が多いのだと、読んだばかりだった。
山登りにピッタリな夕食だった。
泊り客も少なく、静かな夜、書棚の雑誌をかたっぱしから読む。
お恥ずかしながら、ページをめくると、予期せぬことに自分のクレジット入り記事があることが多々。
そうだよな、こんな記事、書いたよななど、あれこれ思い出した。当時の担当編集者さんのことも。

120228shimagare2 120228asamayama 120228minamialps 120228yatsugatake 120228koke 120228suijin 120228mugikusahutte2 120228mugikusahutteyugohan

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。2019年6~11月のガイドカレンダーをお送りします。ほか、オーダーメイドも承っておりますので行き先や内容など、ご相談ください。

Magazines