« おかずクッキー | トップページ | コモリの日 »

2010年11月 7日 (日)

MJリンク:石割山

今月は、「MJリンク月間」。毎週日曜日にイベントを企画している。

サポーター達が交代で参加するといっても、毎週末行うための準備はかなり大変だった……汗。


1
回目の今日は、志津ちゃんプレゼンツの石割山。

参加者は19人。サポーターは志津ちゃんのほか、八ヶ岳から引き続き佳苗ちゃん、それとMJリンク初登場の大久保由美子さん。

これだけ強力な女性スタッフが集まる団体もそうありません、そして参加者の皆さんにも恵まれています、と自画自賛。

呼びかけ人の田部井さんも参加。


晴れた空と無風で暖かい気候という絶好の日。紅葉はまさにピーク。

レモン色に黄色く色づいた葉やオレンジ色から赤い色へとグラデーションするさまなど、とってもきれいだった。

石割神社は、とても清々しい場所。

終始、うっすらと雪が載った富士山の晩秋の姿が見え、手前には湖面がキラキラと輝く山中湖があり、うっとり。


と、とてもよいコースだったけれど、ちょっとMJリンク全員で歩くには長丁場。

いつものいろんな仕掛けがあまりできず残念。


下山後眺めた富士山の山頂には、なんと彩雲があり、びっくり。

参加者さんたちが気づき、みんな大喜びだった。

彩雲はラッキーサインと言われている。

きっと、今後のみんなの登山人生に大いなる幸せが待っているんじゃないかと思う。


ところで、「彩雲」といって私が一番に思い出すのは、故小山義治さんのこと。

北穂高小屋の初代主人、北穂高小屋を建てた人だ。

3年前、葬儀のために浅間温泉にかけつけたとき、義治さん(私たちは「社長」と呼んでいた)の戒名に「彩雲」の文字があることに気づいた。

彼の画文集『巍然』にも、彩雲について出てくるのだ。


その帰りのあずさで、西の空に美しい彩雲があり、その細やかな美しい色に光り輝く雲のさまをみて、義治さんは決して手の届かないところの人になってしまったのだなあと思ったのだ。

「彩雲」にはいろんな思い出ができそうだ。


立ちんぼだった帰路のあずさ。立ったまま、志津ちゃん、佳苗ちゃんと3人で反省会。新宿に着き、カフェで反省会の仕上げをして、来週に備える。

その後、私は居残りし、アメリカンレストラン閉店まで、志津先生の補講を受けたのだ。

ありがとー、志津ちゃん。

101107ishiwariyama1_3 101107ishiwariyama

101107ishiwariyama2 101107fujisan_yamanakako_saiun

« おかずクッキー | トップページ | コモリの日 »

コメント

しげぴーさん、
こんにちは、いやいやちっとも思うように行動できておらず。

どこも小屋閉めの季節でしたね。
無事終わってよかったです。

南相木村の清掃ボランティア? しげぴーさんこそアクティブですわ、幅広いし。

いい冬になりますように!

こんばんは!相変わらずあっちこっち行ってますね~。

11月7日は八つの硫黄岳山荘の小屋閉め。行ってきました。
なんかこの季節は寂しいような、これから冬山だぞって言うような。
そんな境目のような季節です。

ここでちょこっと充電して、(12月5日は三つ峠に行ってきますが)
冬山の準備します。

ちなみに、今週の土曜日は南相木村の清掃(ボランティア)
来週は白馬の旅館で忘年会です。

ニシさんもお気に入りの山なんですね。
石割山ファンは多いですね!

楽しみながら歩くにはもちろんよく、
それから色んなことを学ぶにも丁度よい演出・要素が次々出てきてくれる(コチラ側としては示しやすい)点は、なかなかありがたいです。
そんな意味でも、ピッタリなコースでした。

毎週イベント!それはすばらしいですね。
初回成功、おつかれさまです。

石割山は私の好きな山のひとつです。
富士山が本当に大きく、素敵に見える山だと思います。
稜線を歩きながらどんどん近づいていくのも。
…でも、湖まで歩くとけっこう歩きごたえがありますね。
お気軽ハイキングモードのときは、平尾山から平野に下ってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MJリンク:石割山:

« おかずクッキー | トップページ | コモリの日 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。2019年6~11月のガイドカレンダーをお送りします。ほか、オーダーメイドも承っておりますので行き先や内容など、ご相談ください。

Magazines