« 月刊誌原稿2本目脱稿 | トップページ | 打ち合わせと原稿書き »

2010年10月24日 (日)

鹿屋へ

羽田空港発鹿児島行きの、朝イチのフライトに搭乗。

羽田を飛び立ってすぐ、ものすごくたくさんの山が見えた。秩父連峰、富士山、南アルプス、中央アルプス、遠くに北アルプス。それから上信越の山々。こんなに一遍にたくさん見えるなんてびっくり。

眼下には三浦半島。

先日、ジッキーとまさみんと3人で歩いたエリアだ。三浦半島は本当に緑が濃いんだなあと思った。

この後も山岳眺望が楽しめるのかと思っていたのだけれど、機体はあっという間に雲の上に昇りつめてしまった。

いつも本当にお世話になっている、鹿屋体育大学の山本先生のところへ。

なんと日帰り。鹿屋まで行って日帰りは本当に罰当たりなのだ。

必ずや、低圧低酸素室に数泊はしなければいけない、温泉にも入らなければいけない、そして岩登りもしなければいけない、できれば南限のブナの森も歩かなければいけな……と私は思う。

途中まで、山本先生に迎えに来てもらい、研究室でインタビュー。

昼を挟んで、再びインタビュー。

その後、山のいろんなおしゃべりをした。彼がこの十数年ほど、毎年登っているノースカスケイドでの登山のことも聞かせてもらった。私はノースカスケイドの山について、以前も山本先生から聞いたことがあり、とても言印象深かったのだ。

まったく短い滞在で本当に残念。

鹿児島空港で、源泉かけ流しだという足湯「おやっとさあ」に入る。

温まった。

101024oyattosa

« 月刊誌原稿2本目脱稿 | トップページ | 打ち合わせと原稿書き »

コメント

鹿児島ご出身なのですね!

錦江湾でとれたという魚の刺身が美味しかったです!

鹿児島はいいところ、九州は大好きです。
鹿屋へ行くときは、バスかレンタカーです。
レンタカーは海沿いの道を走っていけるけれど、バスは山道。今回は、雨上がりで山がしっとりとしていて、田んぼは稲刈りが終わっていて、まあ、たまになんで飽きずに乗っています。

鹿屋への用事は大概、インタビューか低圧低酸素室なんで、泊まりは低圧低酸素室の中のベッドだったり……(*^-^)

けれど、去年、鹿児島の知人に連れられて、いくつか温泉めぐりをしました。
どれも気持ちがよかったけれど、泥の温泉は効果絶大でした。
さくら温泉という名前だったかなあ…ウル覚えです。
泥でお肌をパック。一段階明るい色になりました!嬉しかったー。

次回は、前もってazamiさんのアドバイスを受けるようにしなきゃ。

鹿児島へようこそ!
って日帰りですかΣ(゚д゚lll)
空港から鹿屋まで高速はないし移動距離が長かったのでは。
是非、次回は泊まりでいらして下さい!
温泉いいとこ沢山ありますよ!なんでしたら母を派遣します(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿屋へ:

« 月刊誌原稿2本目脱稿 | トップページ | 打ち合わせと原稿書き »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。2019年6~11月のガイドカレンダーをお送りします。ほか、オーダーメイドも承っておりますので行き先や内容など、ご相談ください。

Magazines