« 赤岳1dayハイキング | トップページ | 洗濯機のなか。 »

2010年7月 4日 (日)

下駄は女物を

 新調したパソコンの再設定。

 メールソフトがどうしても動かず、四苦八苦。やっと送受信できるようになったが、気になる点もあったりで、まだまだ環境整わず。

 千葉に住んでいる成都人の友人とメッセンジャーでおしゃべり。成都の友人スースーに送る約束をしている下駄について相談。

 スースーはもう何年間もずっと、下駄がほしい、ほしいと言っている。彼女の父や叔父(←私の友人たち)が日本に来るたびに、彼らは成田に着く直前に、「スースーに下駄を頼まれていたのに、買い忘れた」と言うのだ。

 そろそろ、彼らに頼ることをあきらめたほうがよいと悟り、私から直接送ることになったのだ。

 下駄はつっかけて履くものだけれど、そのような履き方に慣れていない外国人にとっては、足裏が全部台座に載るサイズを選んだほうが無難なのだと、私は考えた。

 しかしプロのモデルとして国内外で活躍している長身の彼女は、足のサイズも大きく、全部の足裏を載せるとなると、男物の台座になってしまうのだ。

 男物の台座は、女物と違って角ばっていて、ちっともかわいくない。

 成都で一緒にレストランに入ると、店中の人が彼女に注目するほどの美しい顔立ちと身長180センチ以上のプロポーション……もちろん、かなりのおしゃれさん。そんな彼女に角ばった男物の台座の下駄を送るのも、気が引ける。

 友人のコさんに相談したら、「それは、絶対きれいなほうがいい」と。

 ここ数日の悩み解決。

 パープル色の花柄の鼻緒に女物の台座で注文。

 

 写真はガスっていて風が強くて寒くてしかたなかった文三郎尾根に咲いていたシャクナゲ。

100703shakunage

« 赤岳1dayハイキング | トップページ | 洗濯機のなか。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下駄は女物を:

« 赤岳1dayハイキング | トップページ | 洗濯機のなか。 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。2019年6~11月のガイドカレンダーをお送りします。ほか、オーダーメイドも承っておりますので行き先や内容など、ご相談ください。

Magazines