« 1歳、歳をくった。 | トップページ | MJリンク東京MTG »

2010年7月26日 (月)

クライミング→スラックライン

朝、小川山の駐車場でオンダくん(m)と待ち合わせ。

昨年、かなっぷの登山靴が壊れて敗退した剱岳に今年こと一緒に登りに行こうってことで、その前にマルチピッチを一緒に登る約束をしていた。

オンダくんが先日登ったという、現代2段のボルダーを見せてもらった。あの崩壊地にあるなんというか洞窟というか、崩壊した岩の塊のなかにあった。恐ろしー状況というか、どうにもこうにも落ちられないような、そんなボルダーだったが、彼は涼しい顔をしていた。さすがだ。

そんな彼にはすべてフリーソロで登ってもらったほうがよいだろうガマルートへ。

それほどマルチの経験がない彼だが、先日はセレクションを登ったというから、一応ガマにしておいた。

簡単なルートでも、一緒に登ると互いの呼吸がわかったりして収穫は大きい。

その後、ショートルートへ。5.10aだというのに登れないルートがあり、私はとっても暗くなった。

そして空も暗くなってきたので、クライミングは止めてスラックラインに。

オンダくんのスラックラインは、飛んだり跳ねたりする上級者用だという。

片足を載せただけで、ブルブルぶるぶる大地震のよう。これはおもしろい、おもしろ過ぎる。手を添えてもらったり、スラックラインを手で押さえたりしてもらわなければ、とても歩けなかった。

数十分も遊ばないうちに、あっという間に豪雨に。

撤収。

下に降りていき、ナナーズによると、雷雨のためかわからないが、スーパーの中が全部停電してしまい、一時騒然となった。

土砂降りでどぶの水があふれている路面を運転し、こんなんじゃなんとなく信州峠はヤダなと思いながら、国道を須玉までくだっていった。

オンダくんも峠越えは止めて、おとなしく佐久経由で帰って行った。

100726onhanslackline

« 1歳、歳をくった。 | トップページ | MJリンク東京MTG »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クライミング→スラックライン:

« 1歳、歳をくった。 | トップページ | MJリンク東京MTG »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。2019年6~11月のガイドカレンダーをお送りします。ほか、オーダーメイドも承っておりますので行き先や内容など、ご相談ください。

Magazines