« 早起きは三文の得 | トップページ | ダイエット情報誌『FYTTE』 »

2009年6月30日 (火)

またもやスント信仰にはまる

半分仕事、半分オフの日。

オフ時間では、台所まわりの掃除をしまくって、それから映画へ。

ウッディ・アレンの映画は大学時代にたくさん見たので、久しぶりに見てみようと思ったのだ。そのうえ、最近好きな女優のペネロペ・クルスが出るから。

『それでも恋するバルセロナ』。やっぱりペネロペ・クルスは美しくてうまかった。ほかの出演者たちをくいまくっている。そして、ちょっと古めかしいウッディ・アレンタッチの映画だった。私は映画に多くのものを求めすぎると、夫から言われることがあるけれど、映画というのは本来、こんなものなのかもしれない、と思わせるような作品だった。

ウッディ・アレンらしく、あっというまにスクリーンのなかに引き寄せられるけれど、最後にちゃんと、スクリーンの外に放り出されちゃうのだ。

 ずっと迷っていた高度計付き腕時計。先代に引き続き、スントにした。先代のヴェクターは約7年使ったことになる。

 先日の那須岳の大雨で中が曇ってしまったり、接触が悪くなったり調子が悪いことが続いていた。完全防水ではないのでサーフィンでは使っていないのに(カズはサーフィンでも使っているけれど平気らしい)、あの大雨にやられた。

 ある国産時計メーカーの企画者は、自分で電池を取り換えられる(素人が中身を開けられる)時計というのは、そもそも信じられんというようなことを言っていた。それほど時計というのは精密機器だということだ。という点をかんがみると、スントの立場はないのだけれど、何しろ操作しやすい。

 カシオ・プロトレックのマナスルはとてもとても捨てがたかった。先日インタビューしたこともあり、その魅力にはかなりやられていたのだけれど、予算が合わず。

 スントの旧品番のカラーはモンベルでセールをやっていたのだ。先代の濃緑も気に入っていたけれど、今回はヴェクター・ブラックという色。

 7年で使い物にならなくなったというのはどういうことか、という疑問もあったけれど、スント信仰には勝てず、またもやスントにした。そのかわり、コアシリーズは安定性に疑問を感じたので、ヴェクターに落ちつけておいた。

 先代は、クライミングで結構酷使し、岩に打ち付けたりボロボロだったから、消耗してしまったのだろうか。水漏れの形跡は、電池交換の蓋にはなかった。

090630suunto

« 早起きは三文の得 | トップページ | ダイエット情報誌『FYTTE』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またもやスント信仰にはまる:

« 早起きは三文の得 | トップページ | ダイエット情報誌『FYTTE』 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。2019年6~11月のガイドカレンダーをお送りします。ほか、オーダーメイドも承っておりますので行き先や内容など、ご相談ください。

Magazines