« フィールドテストとクライミング | トップページ | 自宅仕事 »

2005年3月10日 (木)

きらきら春の海

昨日に引き続き初夏のような陽気。
 海の水はまだ冷たいかもしれないとブーツも履いて出て行ったが、すぐに海水もぬるんできた。今日の多々戸はひざもも。私のとってはありがたい環境だ。最近サーフィンへのモチベーションが下がっていたが、今日は俄然やる気がでてきて、がんばっちゃった。何度か波をうまくキャッチできてうれしい。立っている時間がものすごく短い(回数がものすごく少ない)のが、悲しいのだが。

 夫にとっては”しょぼい波”だったが、それでも波に乗ることは楽しいらしく、いろんな波をキャッチしようとパドリングしている。とっても楽しそうだ。なんて幸せなヤツなんだろう、と思う。
 そう、気持ちよく波に乗れればそれでいいのだ。1枚のサーフボードに乗って海へと漕ぎ出し、波に乗る、それが幸せなんだ。サーフィンってそういうものなんだと思う。ものすごくシンプルなこと。
 スキーは滑ることだけを考える。クライミングは登ることが一番大切。そういうシンプルな行為なのだ。その周りにくっついてくる余計なことは極力取り除いていきたい。

 波待ちをしながら沖を眺めていると、水面がキラキラと輝き、陳腐な表現だけれど、どんな宝石よりもずっときれいだった。岸のほうに目をやると、深い青緑色をした海面がゆらゆらとゆれていた。
 私は、春の海が本当に大好きだ。

050310

*写真=海から上がったら半袖! なんて開放的で気持ちがよいのだろう!

« フィールドテストとクライミング | トップページ | 自宅仕事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きらきら春の海:

« フィールドテストとクライミング | トップページ | 自宅仕事 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。2019年6~11月のガイドカレンダーをお送りします。ほか、オーダーメイドも承っておりますので行き先や内容など、ご相談ください。

Magazines