« 雪崩のためのセイフティー・キャンプ | トップページ | Life is short, Adventure is for lifetime »

2005年3月14日 (月)

遠方より朋来る

夕方まで仕事をしたあと、帯広からやってくる友人を迎えに行く。

 タケサコが我が家にやってくるのは、昨年の5月以来だ。彼がK2へ行く前に、GWの休みを使って富士山でトレーニングをするために上京したのだ。富士山へ行く前日、ウチに泊まっていった。私は剣に行き、山頂では完全にホワイトアウトし、予定通り続行できずに悪天の早月尾根を下降したが、そのころタケサコたちは、富士山頂から強風・突風吹きすさぶなか、這いつくばるようにしてダブルアックスでクライムダウンしてきたという。話を聞いて、ゾッとした。

 10年ぐらい前、タケサコが私の卒業した大学山岳部に入ってきたころ、部員がほとんどいなかったために、私は頻繁にタケサコと一緒に登っていた。ウチにもしょっちゅう泊まりに来ていた。我が家の酒を一番多く呑んだのは、ヤツに違いない。

 昨夏、K2の頂を踏んで帰国。私はその頃、中国四川省のある谷で山を登っていた。悪天と実力不足で登れずに、自分に対する情けなさのあまり毎日、本当に涙が出そうだった。偶然村まで降りた日にタケサコの登頂を知り、心の底から励まされた。ものすごくうれしい出来事だった。
 
 彼はその後、大きな手術も経験して、今は少しだけおとなしくしている。電話では頻繁に、k2の話も最近の話もしていたが、会えば話も尽きない。もちろん将来の話も、盛り上がる。
 10年前から何もかも、ちっとも変わっていない。私が夕食を作り、酒を飲みながら夜遅くまで話をした。かなっぷが先に寝ちゃうのも、いつもの通り。そして、タケサコが皿洗いも風呂掃除もしてくれる(今回は近所の銭湯に行ったため風呂掃除がなくて、寂しかったかもしれない)。

 遠方より朋来るあり。亦楽しからずや。
 友人の来訪は、本当にありがたい。

050314

« 雪崩のためのセイフティー・キャンプ | トップページ | Life is short, Adventure is for lifetime »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠方より朋来る:

« 雪崩のためのセイフティー・キャンプ | トップページ | Life is short, Adventure is for lifetime »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。2019年6~11月のガイドカレンダーをお送りします。ほか、オーダーメイドも承っておりますので行き先や内容など、ご相談ください。

Magazines