« 春の陽気 | トップページ | きらきら春の海 »

2005年3月 9日 (水)

フィールドテストとクライミング

岳人5月号のフィールドテストのために湯河原幕山へ。
 都心の渋滞を避けようと、鎌倉や鵠沼を通って伊豆半島へ向かう。今日は西風が吹いてうねりが入っているため波が立っている。七里ガ浜も鵠沼もたくさんのサーファーが海に出ていた。
 途中、パタゴニア日本支社のモリケンさんから仕事の電話が入る。これから昼休みなので1本乗りにいくそうだ。なんてステキな日常なのでしょう!
 鵠沼や茅ヶ崎を通過しているときも、友人たちの顔思い浮かべて、今日彼らはなんとか仕事をやりくりして海にでているんじゃないかなあと想像した(その一番手だと思っていたハリーから、翌日連絡が入り、福岡出張中だったそうだ……)。

 幕山は梅が満開。駐車場は満杯だし、出店がたくさん出ていて観光客で大賑わいだった。
 今日のテストでは、7台のザックを背負って幕山を歩き、背負い心地や使い勝手をチェックする。それぞれによい点や特徴があるが、どうしてもテスターである私の主観が強く出てしまう。その上、私の場合ちょっと偏った主観かもしれない。読者に幅広く役に立つように、少し考えてから記事を書かなくては。
 ザックに対する私の主観というのは、シンプルであればあるほどよい、ということ。それは、重量に神経質にならなければならないクライマーやヒマラヤニストだけでなく、トレッカーにとってもシンプルなザックが最終的には一番よい、というものだ。しかし、この考えは、現在の市場とは大きくかけ離れているだろうなあ。

 テスト後、せっかくなので、てんとう虫ロックで2本登る。久々の外岩で体がガチガチ。もっと日常的に、登れて滑れて乗れるような生活を確立させたい!

 夕方伊東温泉へ。この1週間原因不明の湿疹が全身に出ていて、最悪だった。医者はストレスかもしれないと言っていたが、東京を離れたとたんに見事湿疹が消えた。伊東の熱い湯に入ってもかゆみはない。オソロシイ、本当にストレスだったのだろうか。
 その後、下田へ向かって、でっかいエビとアナゴがのった天丼を食べて就寝。

 写真は赤と白とピンクの梅に染まる幕山。

050309

« 春の陽気 | トップページ | きらきら春の海 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィールドテストとクライミング:

« 春の陽気 | トップページ | きらきら春の海 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Information

  • ✾登山ガイドについて✾
    現在、MJリンクのサポーターなどで活動しておりますが、このほかに個人ガイドをご希望の方は、下記「メール送信」をクリックの上、お問い合わせください。2019年6~11月のガイドカレンダーをお送りします。ほか、オーダーメイドも承っておりますので行き先や内容など、ご相談ください。

Magazines